西鉄新型車両「9000形」3月20日より運行開始!

西日本鉄道(株)が、2017年3月20日(月祝)より新型車両「9000形」の運行を開始します。ステンレス製のフォルムに、西鉄のトレードカラーである赤いラインが入った新車両の導入は11年ぶりで、天神西鉄大牟田線の急行列車や普通電車として運行を開始します。

西鉄の新型車両「9000形」

出典:西日本鉄道株式会社

福岡県を縦断する天神西鉄大牟田線は、福岡県民にとってなくてはならない通勤通学の足になっています。JRとは一風変わったそのかわいらしい車両に愛着を持っている方のも少なくありません。

この天神西鉄大牟田線で、2017年3月20日(月祝)より運行を開始するのが新型車両「9000形」です。ベースは現在運行中の3000形車両で、より一層安全性や省エネルギーを実現した車両になっており、座席占有幅も拡大し快適な移動が可能になるようです。

スポンサーリンク

ロイヤルレッドの帯

西鉄の歴代車両を代表するデザインが、車両側面にペイントされたロイヤルレッドの帯です。福岡県内を運行する路線バスにも入っている赤いラインです。このラインを見ると福岡に帰ってきたと思うのは私だけではないでしょう。

車両先頭部は、貫通扉を中心にロイヤルレッドで覆うことで、従来の車両にはない力強さを強調しています。一方の車内は、白を基調に清潔感のあるデザインに統一され、UVカットガラスを使用した大きな窓で開放感が向上しています。

出典:西日本鉄道株式会社

運行の開始は?

西鉄天神大牟田線で、通常運行で新型車両「9000形」が登場するのは、2017年3月20日(月祝)。詳しい時間帯は不明ですが、この日に5両の車両が運用を開始します。3両編成と2両編成で運行する見通しです。3月30日(月祝)にも5両が導入され、運行当初は合計10両の導入になります。

3月18日に試乗会も開催され、応募者の中から抽選で146名の方が試乗体験できるようになっています。11:20に西鉄天神福岡駅を出発し、11:59に筑紫駅に到着、24分間は筑紫駅で停車し、12:23に筑紫駅を出発、13:02に福岡駅に到着を予定しています。

あわせて読みたい記事

福岡の冬スポット!東峰村のめがね橋ライトアップが幻想的と話題
福岡県の南東部に位置する東峰村をご存知ですか?県境に位置し、すぐ隣は大分県の日田市になります。この東峰村に冬の間ライトア...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ