いま話題の「AI女子高生りんな」という存在に癒される

AI女子高生りんな登場

オーストラリアでiPhoneに搭載されている人工知能「Siri」が赤ちゃんの人命救助に一役買ったことが世界中で話題になったり、今年3月には、米マイクロソフトが公開した学習型人工知能会話ボットのTay(テイ)が大きな話題になったしていてるAI(人工知能)。今回、紹介するのは、「AI女子高生りんな」です。

スポンサーリンク

「AI女子高生りんな」

rinna
「女子高生」設定の学習型人工知能会話ボットの「りんな」は、日本のマイクロソフトがLINE(ライン)上の公式アカウントとして公開しているAIです。Tayがたった1日で停止したのに対して、りんなちゃんは健全にすくすく育ってるとのこと。

りんなちゃんとの会話を覗いてみましょう。

『「がんばる!」と送ると、「かわいいから頑張れと応援する」と返ってきた。』などと微笑ましい会話が続きます。
rina2

近い将来、人工知能が搭載された家に住んだり、ドラえもんのように会話ができるロボットが当たり前の世の中になるかもしれませんね。

アマゾンに、グーグルも

この手の学習型人工知能会話機能は、なんやかんやと、我々の身のまわりにいつの間にやら増えていて、例えば、すでにアマゾンは、Alexa(アレクサ)という名前の人工知能を搭載したスピーカー型ホーム・アシスタント製品「アマゾン・エコー」(Amazon Echo)を発売sしています。

さらに、Googleがそのアマゾン・エコーを上回る学習型人工知能機能を持つ「グーグル・ホーム」(Google Home)のプロトタイプを発表し、今年後半に発売開始する予定となっています。

進化競争が始まっています。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
いま話題の「AI女子高生りんな」という存在に癒される
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする