国連新事務総長にグテーレス氏が就任!どんな人物?

2017年1月1日より、国連事務総長が潘基文氏からアントニオ・グテーレス氏に変わりました。就任後の声明で「新年に皆さんも私と決意を共有していただきたい。平和を第一にすると心に決めよう」と呼びかけました。新事務総長となったアントニオ・グテーレス氏とはいったいどういう人物なのでしょうか。

新事務総長アントニオ・グテーレス氏

出典:国連難民高等弁務官事務所

ポルトガルの首都リスボンで生まれ育ったアントニオ・グテーレス氏は今年で67歳になります。政治家でもありながら教育者という一面も持っている人物で、高等工科大学で物理学と電気工学を学び、助教として教鞭をふるわれてた時代もあります。

社会党に入党した後は、政治活動に専念するようになり、1995年から2002年までポルトガル首相を務めています。2000年1月からは欧州理事会の議長も兼務した時期もあり、その後は2005年から2015年にかけては国連難民高等弁務官を務めています。

新事務総長就任に当たってグテーレス氏は、「難民や紛争地域の人々をはじめ、社会的弱者の苦痛を和らげることと、ジェンダーの平等を達成すること」が引き続き任期中の優先課題となることを強調しました。

スポンサーリンク

まとめ

国連新事務総長がアントニオ・グテーレス氏に変わりました。彼が言うように「戦争や紛争がない平和な世界」が訪れるように、世界各国が協力して21世紀の諸問題に立ち向かっていってほしいです。

事務総長は決して、特定の国家へのかかわりが深くなってしまってはいけません。過去の反省から、本当に全世界の国々にとって平等で納得できるように国連を運営していってほしいと願います。

あわせて読みたい記事

2017年時事用語として知っておきたいpost-truth(ポスト・トゥルース)
2017年流行・時事用語と知っておきたい1つの用語として、「post-truth」ということがあります。この「post-...
21世紀のキーワード「パリ協定」中高生も知っておきたいその内容
2016年11月に発効した、地球温暖化対策のための国際的な枠組み「パリ協定」をご存知でしょうか。今後、政治や経済を考える...
2017年の重要用語「ポピュリズム」とは?世界政治の潮流
2016年が暮れ、2017年がスタートしました。昨年を振り返ってみれば、世界が「ポピュリズム(大衆迎合政治)」に大きく舵...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ