福岡高校野球速報!2016夏の甲子園代表校は九州国際大付属

九州国際大学付属高校3連覇で甲子園への切符を手にする

2016年夏の甲子園福岡大会決勝が、北九州市民球場で行われました。手に汗握る接戦を制したのは「九州国際大学付属高校」。3対4で粘る福工大城東の攻撃を振り切りました。九州国際大付属は北部地区の私立高校で、夏の甲子園は3回連続出場になります。出場134校の激戦地区福岡で3連覇を果たしたのは、福岡大会では1961年の戸畑高校以来、55年ぶりの快挙になります。

九州国際大付属の先発は藤本。対する福工大城東の先発は青山。2回に九州国際大付属が2点先制。その後は両投手陣の力投が続く投手戦へ。両チームとも粘りの野球を見せ、白熱の展開に。福工大城東は先発の青山から引き継いだ坂元が力投を見せるが、九州国際大付属の攻撃の前に失点し勝負あり。

九州国際大付属

これで、九州勢のすべてが出そろいました。福岡からは九州国際大付属、佐賀は唐津商業、大分は大分高校、宮崎は日南学園、鹿児島は樟南、長崎は長崎商業、そして沖縄は嘉手納高校。甲子園の抽選会は8月4日(木)16:00。開会式は8月7日(日)9:00からで、15日間を通じて激闘が繰り広げられます。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

夏の甲子園、優勝候補筆頭は履正社高校(大阪)。史上最強の呼び声も。
超高校級左腕寺島くんだけじゃない、完成度の高い履正社。 福岡県代表の高校にも頑張ってほしい気持ちが強いですが、今年は、史上最強の呼び声が高…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡高校野球速報!2016夏の甲子園代表校は九州国際大付属
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする