【福岡経済】モバイク・ジャパン、姪浜などで自転車シェアサービスで実証実験開始!

福岡市中央区大名(本社、中国北京市)にあるモバイク・ジャパンが、福岡市内で自転車シェアサービス「Mobike(モバイク)」の実証実験を開始するという記事です。

Mobike
もし自転車に乗りたい時に乗れて、停めたい場所に停めることができたらどんなに便利だろうという思ったことはありませんか。Mobikeは最新の技術とIoTを融合させ、街での移動にこれまでにない快適さをお届けてくれる企業です。モバイクは目的地まで歩くには遠すぎるが、タクシーを見つけるための遅延やコストを正当化するには近すぎるという通勤者が直面する「ラストワンマイル」問題の解決を目指している企業。(アプリダウンロード URL)https://mobike.com/jp/download

福岡の実証実験

福岡市内で専用自転車を自由に借り利用できるシェアエコノミーサービスで、駐輪場に停車しているGPS機能を搭載した専用の自転車をスマートフォンのアプリを使って予約、解錠して、目的地近くの所定の位置まで乗ることができて、最後に施錠したところで利用が完了です。料金は、アプリ内で決済されます。

実証実験では、100台の自転がありで、姪浜エリアなどに駐輪場2カ所を設ける予定とのこと。本格導入は2018年1月を予定し、駐輪場は10カ所に増やすとのこと。来年末には1000台、1万人の登録数を目指し実験開始です。

スポンサーリンク

姪浜エリア

福岡空港線の最終駅の姪浜。ファミリー層を中心市、学生、若いビジネスパ-ソンが多く住む街とあってか、カフェもそれぞれの年代に層にあったお店がたくさんあります。そんな中、今回は、どの層にもピッタリなカフェを紹介します。マリノア、マリナタウン、ウエストコートでシッピングの帰りに立ち寄りたいカフェです。

姪浜は、愛宕山から北を望むと、大陸の交流の歴史を物語る博多・今津の有無。西を向けば、遠くに豊かな自然をたたえる毘沙門山などの山々が望めます。街は、近代的な街並みの中に歴史のまま風情を大切にした軒並みが立ち並び、そしていたるところに自然が残る街です。また、子どもも住みよい街づくりとして、公園なども数多く設置されています。

モバイク 企業概要

北京市に本社を置く中国の自転車シェアリングサービスの企業です。世界最大の自転車シェアリングの企業で、シェアエコノミーが普及している中国では、上海市が世界最大の自転車シェアリング都市であることは有名です。

2017年8月23日、モバイクの日本法人モバイク・ジャパンは北海道札幌市で日本初の事業をスタートし、福岡は国内2つめの支店です。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡経済】モバイク・ジャパン、姪浜などで自転車シェアサービスで実証実験開始!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ