泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が福岡パルコにオープン!

2017年4月に福岡パルコ新館6階にオープンする「BOOK AND BED TOKYO」は、「泊まれる本屋」というコンセプトという斬新なアイデアで、本好きの間で話題になっている本屋さんです。既に東京と京都に店舗がありますが、いったいどういうつくりになっているのでしょうか。

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」

出展:BOOK and BED TOKYO

みなさんも寝る瞬間まで自分の好きなことをしていたことがあると思います。筆者も読書が好きなので、本を読みながら寝てしまったということは多々あります。そんな本好きのためにつくられたのが「BOOK AND BED TOKYO」。ホテルと図書館を融合させたようなコンセプトの本屋さんです。

本屋さんといいながらも本の販売は行っていないようで、店内にある本はすべて読書用の本になります。置かれている本もセンスあふれるものばかりで、新しい一冊に出会えること間違いありません。

外観も内装も木をふんだんに使い、落ち着ける雰囲気を醸し出しています。みんなが落ち着いて読書に専念できるように温度や照度を微妙に調整しているようで、本当に読書には最適な空間になっています。とはいっても、少し薄暗い感じで、読書しながらうたた寝するにはもってこいといった感じです。

スポンサーリンク

本棚に設置されたベッド

店内に入ると、大きな木でできた本棚が一面を覆いますが、よく見てみると、うなぎの寝床のようなデッドルームが書籍の間に埋め込まれているではありませんか。入口は狭いですが、本を広げて横になるには十分な広さになっています。狭いところが好きな人にはちょうど良い広さですが、圧迫感が苦手な人には少し息苦しいかもしれません。

となりの寝室とは木の壁一枚で仕切られていますが、少しの物音なら気にならないタイプでしたら問題はないようです。いびきやひそひそ声が気になる人は寝るにはつらいかもしれません。

コンセント、Wifiフリー

もちろん、店内ではコンセントやWifiもフリーで使えますので、読書をしながら仕事の残りをやり終えても構いませんし、ノマドワーカーにも最適な空間になっているのではないでしょうか。

シャワールームは共用

気になるシャワールームは共用になっています。レンタルバスタオル、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシなどがセットで販売されており500円で購入することができます。

マンガ喫茶とにてシステムですが、よりクオリティーが高くなっているといった感じです。

宿泊料金は?

気になる宿泊料金は、2タイプの料金設定がされています。ベッドの広さで料金がわかれるようです。チェックインは16:00でチェックアウトが11:00となっています。

  • STANDARD:4,500円(税抜)※土日祝前日などは変動あり
  • COMPACT:3,500円(税抜)※土日祝前日などは変動あり

昼間利用の「デイタイム」は、1時間利用ごとに500円、フリータイム(13:00~17:00)の利用で1,500円となっています。

とにかく、福岡に初出店ということで早く使いたくてワクワクしますね。読書好きの新たなスポットになること間違いなさそうです。

あわせて読みたい記事

福岡パルコ2017年春のリニューアル!24店舗が新装オープン!
中央区天神の福岡パルコは、春の大リニューアルに向けて店舗内を改装中です。2017年5月までに、全部で24店舗が新規・改装...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ