福岡の女子高生による展覧会「Brilliance作品展」感想

2017年3月23日~28日にかけて福岡市の410Galleryで行われた、女子高生だけの展覧会「Brilliance作品展」。実際に行ってみた感想をお伝えします。

Brilliance作品展

福岡の女子高生だけで運営されている「Brilliance作品展」は、23日から28日までの6日間、ギャラリーを自分たちだけで貸し切って行われました。企画、運営、宣伝も自分たちだけの手で行い、見事な展覧会を開催することができました。

開催2日目の金曜日にギャラリーにお邪魔したのですが、まず、作品のクオリティーの高さに驚かされました。高校生でありながら、自分の信念や哲学を吹き込まれた作品たちが展示され、展覧会に訪れた人たちの質問に真摯に答えている姿が印象的でした。

高校生という次世代の芸術家ならではの工夫も施されており、単に作品を眺めるだけの展覧会にとどまらず、来館者の興味を引くような仕掛けも喜ばれていました。

このように、高校生自らが企画し運営を行うイベントが年々増加しているような気がします。今まである大人たちが作った枠組から離れて、新しいものを創造していくことはこれからの時代に絶対に彼女たちにとって必要な力になります。今回訪れた「Brilliance作品展」は、これからの時代を背負って立つ彼女たちの意気込みや芸術レベルの高さを感じさせるのもとなりました。

スポンサーリンク

築田新字(写真)

築田新字

高校生写真家の築田新字さんは、影をコンセプトに撮影した写真を展示しました。日常の生活にある身近な影。いつもそばにあるけど注目されないもの。しかし、そこに見逃してはならない何か大切のものがあることを気づかせてくれる作品になっています。

写真にはトリックが仕掛けられており、タイトルを見ると作品同士のつながりが見えてきて、見るものによって、日常のさまざまなシーンや感情が連想できます。あえて白黒で切り取られた一枚を眺めると、なぜか見逃してはならない大切なそして切ない感情があふれだしてきます。

「自由に、時間をかけてみてもらいたい」と、インパクトを追求しない作風にも今回の展覧会への気持ちがにじみ出ていました。

永野愛佳(写真)

永野愛佳

今年高校を卒業する永野愛佳さんは、築田さんと一変した作風の写真を展示しました。見るものによって作品のとらえ方が幾通りもあってよいというコンセプトで、見る者の心を映し出す作品に仕上がっています。

写真もカラーで写されており、築田作品とは真逆の対をなす写真に仕上がっています。写真の下にはQRコードが添えられており、写真を見て書かれた小説や詩が閲覧できる仕組みとなっており、写真の感じ方が作者によっても自分自身とも、そして永野さん自身ともそれぞれ異なるところが面白いところです。

「高文祭などには出典できないくらいのものにも挑戦しました」と、既定の評価基準にとらわれない作風が来館者の興味を引いていました。

緒方いのり(絵画)

緒方いのり

410Gallery入口に展示された絵画を描いたのは緒方いのりさん。4人の女子高生の異なるシーンを肖像画風に描いた作品になっています。髪を束ねる女性、涙を流す女性、顔を覆う女性、タバコを吸う女性、それぞれの描かれた女性にはストーリーがあり、どのようなシーンでどのような感情を抱いていたのかが気になります。

作者の緒方さんは、「最初は無心で。出来上がると色んなストーリーが浮かんでくる。私はあえて説明はせずに、来館者のみんながどんなストーリーを連想するかを聞くのが楽しみ」と、さらりとした口調で回答してくれました。

描写の腕も確かで、細部にまでしっかりとした技術が描き込まれています。また、鑑賞者を惑わすような表現を絵画に吹き込んだりと、彼女の遊び心もうかがい知れます。

蓑田果那(彫刻)

蓑田果那

ギャラリーの中心に展示された彫刻作品を仕上げたのが蓑田果那さん。発泡スチロールでつくられた彫刻風のオブジェクトには力強さが感じられ、一見すると神話に登場するヤマタノオロチのような印象を受ける作品を創り出しました。

当日にお会いできませんでしたので、作品の真意は聞けませんでしたが、その力強く掘られた文様には、歴史や文化、哲学的なものを感じます。ギャラリーの中でも圧倒的な存在感を醸し出していました。

まとめ

こうやって高校生自身でイベントを主催するところがすごいですね。筆者自身が高校生の頃を思い返せば、この意識の違いは雲泥の差です。机に座って勉強するのもいいのですが、こうやって自分の感じていることや思っていること、自分の信念、哲学などを表現していくことも大切です。

彼女たちは今後も活動的に様々なイベントなどを行っていくと思いますので、fukuuでも紹介していきたいと思います。

あわせて読みたい記事

Brilliance関連記事です。

410Galleryで偶然お会いした朴伝先生のインタビュー記事です。

福岡で注目の中高生たちのインタビュー記事です。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡の女子高生による展覧会「Brilliance作品展」感想
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ