英語4技能試験「Cambridge English(ケンブリッジ英検)」流行の兆し

Cambridge English(ケンブリッジ英検)とは?

Cambridge English(ケンブリッジ英検)とは、ケンブリッジ大学英語検定機構が英語の国際標準規格であるCEFRの開発に深く関与したことから、最もCEFRに適合した試験です。世界での認知度も高く、年齢に応じた習熟度を測定できるので、海外進学時の英語能力判定によく活用されています。

日本で開発された英検は、国内だけの評価にとどまりますが、ケンブリッジ英検は世界で通用する試験なので、自分の実力を世界基準で正確に測定できます。たの英語能力検定との違いは、スピーキングの試験ではないでしょうか。受験者2名のペア型面接で行われます。タスクの中で発表する力に加え、相手とのやり取りも評価される試験になります。

年間の受験者数は130ヵ国で計450万人以上にも上る大きなテストです。受験料はレベルによって違いますが、1万円前後で受験することが可能です。年間実施回数はレベルによって異なりますが、2~3回実施されています。

ケンブリッジ英検の評価レベル

生涯にわたり英語を学習する視点で作られた試験ですので、就学年齢、目的、進路などに応じてレベルを選択できるようになっています。幼児から成人まで、現在の定着状況を確認し、次のレベルへとステップアップできる構成になっています。

以下は、Cambridge English(ケンブリッジ英検)の段階的な評価レベルの紹介です。初学者から上級者の流れで列挙しています。

スポンサーリンク

キー(通称KET)上初級レベル A2

日常書いたり話したりする際に使う英語スキルが、基礎的なレベ
ルであることを証明するテストです。中学英語レベルの問題。

リスニング(約30分)
スピーキング(約8~10分)
リーディング&ライティング(1時間10分)
計約1時間50分

プレリミナリー (通称PET)中級レベル CEFR:B1

日常生活に必要とされる実践的な英語力を学習者が備えている
ことを証明するテストです。高校英語レベルの問題。

リスニング(約30分)
スピーキング(約10~12分)
リーディング&ライティング(1時間30分)
計約2時間12分

ファースト(通称FCE)上中級レベル CEFR:B2

高等教育機関のファウンデーション・コースや進学準備コース、英
語を使う環境で仕事をするのに必要な英語力を測るテストです。難関大学入試レベル、海外大学準備コース入学レベルの問題。

リスニング(約40分)
スピーキング(14分)
リーディング&文法・語彙(1時間15分)
ライティング(1時間20分)
計約3時間29分

アドバンスト(通称CAE)上級レベル CEFR:C1

学部・大学院留学や国際ビジネスに従事することを目指している
人のためのテストです。海外大学、大学院留学レベルの問題。

リスニング(約40分)
スピーキング(15分)
リーディング&文法・語彙(1時間30分)
ライティング(1時間30分)
計約3時間55分

プロフィシエンシー(通称CPE)特上級レベル CEFR:C2

大学院留学や経営陣レベルに必要とされる英語運用能力を証明
するケンブリッジ英検の最高峰テストです。英語マスターレベルの問題。

リスニング(約40分)
スピーキング(16分)
リーディング&文法・語彙(1時間30分)
ライティング(1時間30分)
計約3時間56分

色々なレベルの試験があるんですね。ファーストまでは中高生向けのテスト「フォー・スクールズ」がありますのでそちらで受験することになります。高校生でアドバンスト(通称CAE)上級レベルを受験するレベルまで行けたなら、相当の英語力がついている証拠です。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

4技能試験とは?どんなものがあるの?

東京オリンピックを目前に控えた今日。急速なグローバル化がすすむ中で、異文化理解や異文化コミュニケーションの重要性が高まっています。AIの進化により、自動翻訳機能も強化され、英語の学習をする意味がなくなる日もやってくるかもしれませんが、早くても2025年以降の話です。

まだまだ英語を学習する重要性は高く、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要なものになっています。そんな中、評価が高まり、各大学・高校などがこぞって入試やカリキュラムに取り入れているのが「」です英語4技能試験とは、「聞く」「読む」だけではなく「話す」「書く」も含めた英語の能力をバランスよく評価する試験のことで、大学入試の選考基準にも使われ始めています。

主な英語4技能試験として、

  • Cambridge English(ケンブリッジ英検)
  • 英検(実用英語技能検定)
  • GTEC CBT
  • GTEC for STUDENTS
  • IELTS
  • TEAP
  • TOEFL iBT
  • TOEFL Junior Comprehensive
  • TOEIC/TOEIC S&W

といったものがあります。日本国内では英検とTOEICの受験者が圧倒的に多いのですが、その他の試験も世界基準の英語力を測定するという意味でじわじわと日本にも浸透してきています。


スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
英語4技能試験「Cambridge English(ケンブリッジ英検)」流行の兆し
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする