九州大学が細胞をがん化させる遺伝子GRWD1を発見!

九州大学の研究グループが、世界で初めて細胞をがん化させる新しいがん遺伝子GRWD1を発見しました。この発見により、今後のがん治療に大きな進歩が見られそうです。

がん遺伝子GRWD1

がんは細胞の増殖に歯止めが利かなくなって起こります。普通は体の中でできた異常な細胞をナチュラルキラー細胞や、細胞内のp53遺伝子などが殺すはたらきがあるので、細胞が際限なく増殖してしまう「がん」にならないようになっています。

がん化した細胞では、p53、通称がん抑制遺伝子と言われる細胞増殖の“ブレーキ”役であるタンパク質に異常が起こっていることが知られています。しかし一方で、p53に異常の無いがん患者さんも多く存在しています。

今回、九州大学の研究グループは、GRWD1という遺伝子がRPL11というタンパク質と結合することによりp53タンパク質量を減少させ、細胞のがん化を促進させることを初めて明らかにしました。さらに、このGRWD1タンパク質の増加はがんの悪性度を上昇させることも発見されました。

スポンサーリンク

細胞のがん化の促進

出典:九州大学

出典:

p53タンパク質は細胞増殖のブレーキ役を担っています。正常に増殖している細胞の中では、MDM2というタンパク質の働きでp53がはたらきすぎないように分解されています。

細胞が異常な増殖刺激やDNAへのダメージなどの大きなストレスに晒されると、RPL11というタンパク質が、p53タンパク質のはたらきを抑制するMDM2に結合し、MDM2機能を抑えます。その結果細胞内のp53量が増加し、細胞の増殖を止めて異常を修復したり、あるいは細胞を自殺(アポトーシス)させ、がん化を防いでくれます。

ところが、細胞内でGRWD1というタンパク質が増加した場合、そのGRWD1がRPL11に結合し働きを邪魔してしまいます。その結果、細胞内のp53量が減少し細胞のがん化が促進されるという仕組みです。

まとめ

高校の生物でも、調節遺伝子というはたらきを学習しました。人間のような真核生物の遺伝子による調節はすごく複雑なものがありましたが、原核生物の遺伝子の調節「オペロン」などは、今回の発見につながるものがあると思います。

今回の発見と照らし合わせながら考えると、新たな視点が開けるのではないでしょうか。この発見ががんの減少につながることを期待します。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
九州大学が細胞をがん化させる遺伝子GRWD1を発見!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする