「ケアレスミスとエアロスミス」を調べてみた

ケアレスミスとエアロスミス

「ケアレスミスとエアロスミス」非常に似ている言葉ですね。とてもよく似た言葉ですが、意味にどのような違いがるのでしょうか。ダウンタウンの松本さんは「まったく同じ!」と言っていましたが、果たしてそうでしょうか?

今日はこの2つの言葉「」と「」について深く掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

ケアレスミスとエアロスミスの違いは?

ケアレスミスとは、不注意から生じる失敗や間違いのことを言います。仕事や試験で頻発する現象です。防ごうと思っても、つい、うっかり起こってしまうのがケアレスミス。あまりにも多いと信用を失ったり、社長や先生や親に叱られます。また、大学受験や高校受験では入試に落ちてしまうことだって考えられます。

ケアレスミス

エアロスミスとは、有名なアメリカのロックバンドのことを言います。1970年代からハードロック界で活躍するロックバンドで、世界での売り上げ枚数1億5000万枚を突破しているモンスターバンドです。アルマゲドンのテーマ曲として有名ではないでしょうか。また、ライブでステージから落ちてしまうというハプニングも起こっています。

出典ariponnews.com

出典ariponnews.com

ケアレスミス:不注意から生じるミス。試験に落ちる。
エアロスミス:アメリカのバンド。ステージから落ちる。

ケアレスミスをなくすには?

仕事や試験で頻発するケアレスミスをなくすにはどうすればよいのでしょうか。ケアレスミスはミスの中でも、一番やってはいけないミス。確認をしっかり行っておけば防げるミスでもありますから、起こしたときにダメージは計り知れません。また、大学受験や高校入試においては、単語を知らなかったとか、計算方法がわからなかったなどのレベルでは済まされない、大きな失点につながる要素を秘めています。

この厄介なケアレスミスをなくすには、確認作業を行う習慣をつけることです。仕事の場合は、その仕事の作業の中に、仕組みとして確認作業を組み込んでしまうことが最善の方法ではないでしょうか。よく電車の運転士さんが指差し確認を行っていますね。あのように仕組化してしまうことです。また、大学受験や高校入試でのケアレスミスをなくすには、問題文を最後まで読む。このとき、間違いを選ぶのか正解を選ぶのか、1つ解答するのか2つ解答するのかなど、キーワードチェックをしながら読むだけでもミスは減少します。

エアロスミスの今後は?

ヴォーカルのスティーヴン・タイラーは、2017年に行われるエアロスミスのツアーがバンドにとって最後のものになるかもしれないとほのめかしているようです。次のようなコメントを残しています。「まだオリジナル・メンバーでやっているバンドは2つだ。俺らとストーンズだ。俺はそれを有り難く思っているよ。フェアウェル・ツアーをやるのか、スタジオに入って新しいアルバム作るのか、なんであれ、俺はワクワクしている。」フェアウェルとは、ごきげんよう!とか、さらば!という意味。ギターのブラッド・ウィットフォードも「俺ら、フェアウェル・ツアーって呼ぶ、幕を閉じるようなツアーをやろうと考えている。」と話したそうだです。

今年でヴォーカルのスティーヴン・タイラーは68歳になりました。かなりの高齢になりますが、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは今年で73歳。体力の問題もあると思いますが、気が変わって、まだまだ音楽界をにぎわせてほしいですね。

あわせて読みたい記事

アイスクリームとアイスミルクとラクトアイスの違い知ってます?

JR九州が10月にIPO なぜ新規上場するの?

福岡の女性100人に聞きました!男性からもらってうれしいプレゼント。

PCMAX – 日本最大級の出会いマッチングアプリ

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
「ケアレスミスとエアロスミス」を調べてみた
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする