【逆転の化学】有機化合物『アルカン』大学受験対応

逆転の化学『

大学入試まであとわずか、化学の知識を一緒に整理していきましょう。文系の筆者が理系科目を説明するので、初心者にもわかりやすく説明することができると思います。是非活用してください。中でも暗記が大変な有機化合物についてのざっくりとした内容を抑えていきましょう。

前回内容→有機化合物『構造式決定手順』

スポンサーリンク

『アルカン』とは

官能基、異性体、構造式決定手順と勉強してきましたが、ここから具体的な有機化合物について勉強していきましょう。化合物の中でも炭素Cと水素Hだけでできている有機化合物を炭化水素といいます。メタンCH4などは今までよく出てきたと思いますが、メタンも炭化水素です。炭化水素の分子式はCHと表すことができます。

『アルカン』の構造式

炭化水素の中でも単結合(C‐CやC‐H)だけでできていて、環構造をもたない鎖状の構造をしたものを『アルカン』といいます。以下のようなものが考えられます。途中で枝があっても、環構造がなければアルカンになります。

アルカン

アルカン2

アルカンの分子式を表す一般式は、

アルカン3

となります。このように共通の一般式で表される化合物のことを同族体といいます。

『アルカン』の同族体

途中に枝わかれがない直鎖の場合は次の通り。

炭素の数 分子式 名称 構造式
1 CH4 メタン CH4
2 C2H6 エタン CH3-CH3
3 C3H8 プロパン CH3-CH2-CH3
4 C4H10 ブタン CH3-CH2-CH2-CH3
5 C5H12 ペンタン CH3-CH2-CH2-CH2-CH3
6 C6H14 ヘキサン CH3-CH2-CH2-CH2-CH2-CH3

異性体が存在するのは、ブタンC4H10からです。途中で枝がある構造が考えられます。

ブタンC4H10

■2-メチルプロパン

2-メチルプロパン

ペンタンC5H12

■2-メチルブタン

2-メチルブタン

■2,2-ジメチルプロパン

2,2-ジメチルプロパン

ヘキサンC6H14

ヘキサンにも以下のような鎖型の枝わかれパターンの構造異性体があります。自分で構造式が書けるか確認してみてください。

■2-メチルペンタン

■3-メチルペンタン

■2,3-ジメチルブタン

■2,2-ジメチルブタン

『シクロアルカン』とは

環構造をもつアルカン(飽和炭化水素)をシクロアルカンといいます。一般式はCxH2xで表されます。ここは後日詳述します。

以上がアルカンについての基礎知識です。しっかりとマスターしてください。

次号は『アルカンの製法と反応』です。

【逆転の化学】シリーズ

第1回 官能基を覚えよう!

第2回 異性体とは?

第3回 異性体の探し方

第4回 構造式決定手順

第5回 アルカン、シクロアルカン

第6回 アルカンの性質と製法

第7回 アルケンとは?

第8回 アルケンの性質と製法

暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【逆転の化学】有機化合物『アルカン』大学受験対応
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする