【逆転の化学】有機化合物『アルケン』大学受験対応

逆転の化学『

大学入試まであとわずか、化学の知識を一緒に整理していきましょう。文系の筆者が理系科目を説明するので、初心者にもわかりやすく説明することができると思います。是非活用してください。中でも暗記が大変な有機化合物についてのざっくりとした内容を抑えていきましょう。

前回内容→『アルカンの性質と製法』

スポンサーリンク

アルケンとは

炭素Cと水素Hだけでできている炭化水素で、二重結合C=Cを1つもつ鎖状のものを『アルケン』といいます。アルカンから水素Hを2つ取り、二重結合を作ったものと考えればいいでしょう。なので、一般式はCxH2xとなります。

アルケン

鎖状ですが、直鎖でも枝分かれしていても構いません。環構造は持ちません。例えばこんな構造です。

アルケン1

アルケンの名称と構造式

アルケンの名称は、国際名の場合、アルカンの語尾「ane」を「ene」に変えればよいです。慣用名の場合は、アルカンの語尾「ane」を「ylene」に変えます。

エタンC2H6 → エテン(エチレン)C2H4

アルケン1

プロパンC3H8 → プロペン(プロピレン)C3H6

アルケン2

ブタンC4H10 → ブテンC4H8

アルケンのブテンC4H8には4つの異性体が存在します。CH2=CH-CH2-CH3やCH3-CH=CH-CH3のように二重結合の位置が異なるパターンと直鎖と枝わかれのパターン、更には立体異性体のシス-トランス異性体(幾何異性体)が存在するからです。

1-ブテン、2-ブテン

C=C結合の位置が異なるパターンの構造異性体です。炭素C骨格の端にあるパターンと真ん中にあるパターンの2通りが考えられます。

アルケン3

2-ブテンのシス型とトランス型

1-ブテンには、シス-トランス異性体(幾何異性体)は存在しませんが、2-ブテンにはシス-トランス異性体(幾何異性体)が存在します。

アルケン4

2-メチルプロペン

途中で枝があるパターンです。直鎖部分には3つの炭素Cが並ぶので、名称にはプロペンがつきます。

アルケン5

以上がアルケンについての内容です。エチレン(エテン)やプロピレン(プロテン)などは重要ですので、必ずマスターしてください。

次回は『アルケンの性質と製法』です。

【逆転の化学】シリーズ

第1回 官能基を覚えよう!

第2回 異性体とは?

第3回 異性体の探し方

第4回 構造式決定手順

第5回 アルカン、シクロアルカン

第6回 アルカンの性質と製法

第7回 アルケンとは?

第8回 アルケンの性質と製法

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【逆転の化学】有機化合物『アルケン』大学受験対応
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする