【突撃取材】教師的看護師Chizueが考える看護師という仕事について。

看護師は、教師という役目もあるのかもしれない

先日のお店の取材で、たまたま出会ったお二人に突撃取材を敢行。先日、Norikoさんを取り上げてさせていただきましたが、今回は、Chizueさんです。Chizueさんも、ユニークな経歴の持ち主で話していて興味深かったです。

先日のNorikoさんの記事

【突撃取材】”仕事って楽しい”天職に出会えた総合病院に勤務するNorikoの場合
突撃取材:色気が漂うNorikoと出会って、思わず声をかける 先日取材に出かけた先で、食事をしていたら、私のテーブルの横に、キレイな2人組…
スポンサーリンク

Chizue 27歳独身

chizue
<経歴>
大学の看護学部に落ち、専門学校で学んだあと看護師に。小さいころは、看護師になりたかったが、中高生の頃は、教師になりたいと思っていた。学校が好きだったのと塾の大学の先生たちが楽しそうで、その仲間になりたいと大学を目指した。雰囲気がいい感じの中にいるのが大好きです。運動部に入りたかったけれど、吹奏楽部でトランペットをしていたという変な女の子でもあります。

<家族構成>

両親、姉、chizueさんの4人家族

(メモ)
Cizueさんもおばあさんが看護師だったことも、あり看護という職が身近に感じられたとのここと。

<つらかった経験>
患者が初めて亡くなったのを目の当たりにしたときかな。自分ができることってなんだろうと改めて考えなおすきっかけとなりました。

<仕事をする上で大事にしていること>
その患者がどうなりたいかということで接し方を合わせています。たとえば、こうなりたいのに、それからはずれていると厳しくあたりますし、頑張っていたら、ほめたり、おだてたりと臨機応変にすることを心がけています。そういう面では、以前なりたかった教師の役目を少し担っているのが、看護師の仕事の1部かなあとも思います。

<中高生に向けて>
いろんなことに興味をもって、いろんなことに挑戦してほしい。その中、いろんな人に出会うだろうか、いろんなことを吸収してほしい。私の場合、今の看護師も、ただなんとなく始めたこと、始めて続けることで楽しくなった私がいるのでがんばってください。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【突撃取材】教師的看護師Chizueが考える看護師という仕事について。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする