【福岡・中学受験】中学受験と英語はどっちが大事?両立は可能?

中学受験と英語の勉強は、どっちが大事?

受験科目ではない英語の勉強も、ちゃんとしてもらいたいのが意見です。実は、一番力を入れたい科目です。小学校でも、小学英語が始まり、受験勉強とは別に大事な科目が増えたということになりますね。

また、特筆すべきは、福岡の私立中学の入試ではまだ実施されていませんが、全国的にみれば、その英語自体の入試科目に設定する学校も出てきたということです。まだ必須科目ではなく、選択科目(国語、算数、英語から2科目選択)や英会話でのコミュニケーションなど学校によって、取り扱いはまちまちですが、英語も受験に取り扱われてきたことは否めません。今後も、なんらかのカタチで英語を受験に導入する学校は増えるのではと思っています。

スポンサーリンク

専門家の意見は?

中学受験より、英語の学習と言っている塾講師の人も増えてきました。英語は、必須という世の中になってきていますし、大学入試でも、英語の在り方は、変わることが決定しています。これまでの覚えてしまえばいい受験英語ではなく、コミュニケーションをより重視した英語へと変貌を遂げます。

英語は語学。語学は、早くから学習した方が、効果は高いとされます。中学受験と同様に、英会話スクールに通わせることも必須の時代といえるのではないでしょうか。

中学受験の勉強と英語の勉強の両立は可能か

両立は、十分可能です。中学受験と英語は、同じぐらいに重要度認識で取り組ませるべきでしょう。本当は、英語は、勉強でなく、楽しめる日常にあるものとして、子どもが認識できるのが一番ですね。英語は、勉強でなく、楽しいもの。この認識を持たせるためにも、早い段階(3歳前後)からの教育も1つの方法です。我々、日本語を話すのに、何も思わないという感覚を持たせることが大事です。

これまで英語を意識してこなかった小学生は…

小学校の高学年になるまで、英語を意識していなかったご家庭も、意識的に英語に関しては触れさせ、勉強を始めさせた方がいいと考えています。中学受験が終われば、本格的に英語の勉強が学校でも始まっていくわけですが、小学校時代に、英語に触れていたか、そうでないかのアドバンテージは、計り知れません。

小学校で、英語を勉強するときに、気をつけたいこと。
(1)英語は、楽しむものなので、点数は一切関係ありません。英語に対して、アレルギーをなくしておくこが大事。
(2)音読(発音)を重視。声に出すことが一番です。英会話教室に通わすのであれば、なるべく家庭でも英語を話させる機会をつくる。食事時やお風呂時などが有効。

以上の2点は気をつけておきたいです。

まとめ

少子高齢化の日本において、今後、外国に向けてビジネスをすること。または、外国人を受け入れることで労働生産性を維持していかなければならなくなっている日本において、英語は必須になったように思えます。時代は変わりました。中学受験とセット、英語も勉強する時代になろうとしているのは、少し子どもたちにとっては、酷のようにも思えますが、英語は娯楽と認識できるようにするという発想で、楽しく学習してほしいものです。

中学受験という目の前の目標ばかりに目が行きがちですが、今一度、英語の重要性を最認識していただける機会となれば幸いです。

あわせて読みたい

【福岡・中学受験】福岡の私立中学一覧と偏差値一覧
福岡の私立中学の特徴 福岡の私立中学を受験しようと決意した途端に訪れるのが、どの学校が自分の子どもに合っているのだろうかということ。そして…
【福岡・中学受験】私立中学へ通うのは、「得」なのか「損」なのか。
みんなが行くから私立に行くの? みんなが塾に行き始めたからうちの子も…。 みんながあの塾がいいというからうちの子も…。 そもそ…
【福岡・中学受験】お母さんのその態度、気をつけたい
お母さんの「~ねばらない」病を脱却することが大事 お子さんの順調に成果を出しているにも関わらず、お母さま自身が、空回りをしてしまうことは少…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・中学受験】中学受験と英語はどっちが大事?両立は可能?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする