【福岡・中学受験】塾(受験勉強)と習い事・遊びを両立する方法

受験勉強をすると、習い事をやめないといけないの?友達と遊ぶ時間は減るの?など子どもの悩みはつきません。今回は、塾(受験勉強)と習い事・遊びを両立する方法について記述してみたいと思います。

塾(受験勉強)と習い事・遊びを両立は可能?

学校の友達と遊ぶ時間が減ってくると、とりわけ、周りの友達は、中学受験しないときなどは、どうして自分だけ遊べないのだろうと不公平感を感じてしまうことも少なくないようです。または、友達たちからの疎外感を感じてしまうこともあるかもしれません。

たしかに、学校の友達と遊ぶ時間が減っていくことに対する悲しさはあるとおもいます。

スポンサーリンク

発想を変える

しかしながら、物事は捉えようです。塾や習い事を遊びにしてしまうという発想です。最強なのは、勉強が遊びになってくるといいですね。みんながいう遊びというのは、楽しいことなのだと思います。楽しいことが遊びなら、勉強も楽しいことにしてしまえばいいのではないでしょうか。

勉強と遊びの共通点

そもそも、遊びにも、勉強にも共通点はたくさんありますし、実は、何かに挑戦している人やすでに成功を収めている人は、学生時代に遊びと勉強の境界線がなかったという人は少なくありません。これは一流プロスポーツ選手にも言えることです。野球のイチロー選手、大谷選手、サッカーの本田選手に、長谷部選手などなど、皆、スポーツも、勉強もできた人たちです。スポーツも、勉強も、好きだった、楽しかったという人たちばかりです。それが、勉強すること、練習することが、遊びそのものだったのです。

自分だけだと疎外感があるかもしれませんが、あなたの居場所は、その遊び仲間だけではないはずです。家庭や学校、塾、習い事など至るところに、あなたは存在します。その場所、場所で、大いに遊んでいるかのように頑張ればいいのだと思います。塾ではあれば、勉強ですね。勉強仲間がいるでしょう。勉強と遊びの境界線をなくしてみることをおすすめします。

特別な遊び日を作る。

ただ、学校の遊び仲間といっさい遊ぶなとは言っていません。回数は少ないかもしれませんが、曜日と時間を決めて、一生懸命遊べばいいのだと思います。受験をしないお友達も理解をしてくれるでしょう。それが本当の友達ってものです。かえって、いい機会のだとおもいますよ。

それで、疎遠になるようであれば、深く関わらなくてよかった人だということが早くわかったわけですから。

もう1度繰り返しますが、あなた自身の居場所は、1つでないということ。また、これから、自分の居場所は、作っていくことは、いくらでもできます。

まとめ

中学受験にあたって、いわゆる世間が言う遊びの時間は減るのは仕方がありません。勉強せずに、合格を果たすことは、ほとんど不可能ですからね。ただ、物事は捉えようです。

  • 遊びと勉強の境界線をなくす。勉強も楽しくなれば、遊びと同じ。
  • 遊び友達がすべてで>はない。自分と同じ境遇の人たちがいる居場所はあるはずです。
  • もし、遊び友達と疎遠になったら。それは深くかかわる人でなかったということ。

受験勉強をする期間は、受験が終われば、あっという間だったと誰もが言います。そして、いい経験ができたと言えますし、今後の人生にとっても、十分に価値ある経験値として生かすことができます。ぜひ、同じ中学受験を目指す同志を見つけて切磋琢磨してください。

あわせて読みたい

【福岡・中学受験】本当に受験すべきなのか?の答え方。
自分は、本当に中学受験するべきか。そのことを悩んでいるお子様は、少なくありません。どう答えるべきなのでしょうか?どう乗り越えてもらうべきなの…
【福岡・中学受験】効率よく暗記する方法
効率よく暗記するには? 「効率よく暗記する方法ってないの?」なんて質問がよく子どもの声から聞かれます。今回は、そんな質問に答えたいと思いま…
【福岡・中学受験】私立中学へ通うのは、「得」なのか「損」なのか。
みんなが行くから私立に行くの? みんなが塾に行き始めたからうちの子も…。 みんながあの塾がいいというからうちの子も…。 そもそ…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・中学受験】塾(受験勉強)と習い事・遊びを両立する方法
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする