【福岡・中学受験】少しでも偏差値のいい学校に入るのがいいのか。

子どもたちの素朴な質問に答えます。「やっぱり偏差値のいい学校は入るといいことがあるのですか?」こんな質問は、毎年多くの子どもたちから聞かれます。この質問について、Fukuuなりにお答えします。

少しでも偏差値のいい学校に入るといいことある?

(回答)いいことはありません(笑)。

いいことがありそうだからと、多くの受験生は、少しでも難しい学校に行こうと勉強に励んでいるのでしょうし、多くの親もそう子どもに仕向けているのかもしれません。

とりわけ、多くの大人は、少しでも学力が高いとされる学校をいい学校と決めつけて、その学校を勧めがちです。理由は、いい大学や、いい会社に入る確率が高くなって、幸せになれるからという具合です。

スポンサーリンク

Fukuuの見解

これは、Fukuuの見解ですが、難しい学校に入らなくとも、いい先生やいい友達に恵まれて、結果、いい大学に入ることも少なくありません。また、いい大学や、いい会社に入らなくとも幸せにはなれます。

さらに、特に、学校選びにおいて、何かいいことがありそうだから、何か得しそうだからと、何かに期待して、進学する人は、往々にして、いい学校生活を送れません。「なにかいいことないかなあと1日を過ごす人」と「今日は楽しい1日すると決めて過ごす人」とでは、やっぱり、後者の「今日は楽しい1日すると決めて過ごす人」の方が、楽しい1日になる確率は高いですし、いや、ほとんどの場合において、楽しい1日になります。

大事なことは、自分の「心の持ちよう」

志望校選びは、学力というより行きたい学校を受験すべきなんですね。行きたい学校が、今、あなたの学力より高い学校ではあれば、さらに努力を重ねないといけません。結果、その学校に合格できなくても、してきた努力は無駄になることはありません。進学する学校で、成長をする・楽しむといったことを、自分の心で決めてしまえばいいのです。その学校でしか出会えない先生や友人、思い出はたくさんあります。

あなたの人生は、中学校で決まるわけでもありませんし、その先の高校、大学、就職する会社で決まるわけでもありません。

大事なのは、その所属する学校や会社で、自分の心の持ちようを決めることです。それは、残りの小学校生活でもそうです。

たとえばだけど…

たとえば、小学校生活も残りわずかで卒業も近いので、「1日1つ思い出を作る」でも構いません。そう決めた日から、1日1つ思い出ができていきます。思い出ができるほどに、精一杯に生きることができます。それが、今の受験勉強にも必ずつながります。受験生だからと言って、受験に関係ないからといって、精一杯になれない人は、受験勉強にも精一杯打ち込むことはできません。

受験まで、精一杯に、努力を重ねた結果、進学する学校でも、それを続けていくだけです。1日1日の積み重ねが、人生なのです。あとで振り返ったときに、どう心に決めて、その1日1日の積み重ねきたかが、わかります。その結果、ある人は、大きなことを成しえているのかもしれません。オリンピックで金メダルを獲った選手も、イチロー選手のような大記録も、どう心に決めて、その1日1日の積み重ねきたかの結果ですね。

どうせ1日を過ごすのなら、
「なにかいいことないかなあと1日を過ごす人」より、「今日は楽しい1日すると決めて過ごす人」のように前向きな心の持ちようの方がいいですよね。

今回のまとめ

今回の質問の「やっぱり難しい学校は入るといいことがあるのですか?」の質問とは、少しずれてしまった気もしますが、もっと大きな心をもって、もっと前向きな気持ちをもって、志望校に向けて努力を積み重ねていきましょう。

いいことがわかっていないと、正解がわかっていないと決断できない人や何もできない人には、なってほしくないなあと思います。

あわせて読みたい

【福岡・中学受験】成績が上がらないと悩んでいる時の対処・攻略法
成績が上がらなくて悩んでいるキミへ 塾に通っているのに、成績が上がらない子も少なからずいます。そういう子は、どうしても塾のせいや先生のせに…
【福岡・中学受験】受験校の選び方ここを見ておきたい
今回は、こんな選び方もありますよ!という受験校選びです。どうしても、伝統校や評判をよく聞く学校を第1志望にしてしまいがちですが、もしかすると…
【福岡・中学受験】勉強をしない日があってもいい?
今回は、勉強をしない日があってもいい?という質問に答えるカタチで、記事にしたいと思います。 勉強をしない日があってもいいのか。 勉強…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・中学受験】少しでも偏差値のいい学校に入るのがいいのか。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする