『ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ』特徴やおすすめの食べ方は?

気温もぐっと下がりいよいよ冬本番です。冬といえばいろいろな食べ物がおいしくなる季節。その中でも「カニ」は、冬の味覚の王様といっても過言ではないでしょう。今日はこの時期においしくなるカニについて特集します。

カニの種類や特徴は?

日本で食用として流通しているカニは、大きく分けて3種類になります。「」「」「毛ガニ」です。どれもビックリするぐらいおいしいのですが、その美味しさにもそれぞれ特徴があり、価格も品質によりますが差があります。

冬になるとスーパーなどの店頭に並び始めますが、カニの特徴を知っておくだけで、カニ選びが楽になります。今回は種類ごとの特徴や価格帯、目利きの仕方、処理の仕方までおさらいしていきましょう。
PRズワイむき身セット2kgが4980円!?大特価決算セール!

スポンサーリンク

ズワイガニ

カニの旨みを味わいたいのなら「ズワイガニ」と言われるほど、カニの中でも濃厚な味わいを持っているカニです。身もおいしいのですが、カニ味噌も甘みが強くとても美味しいです。「本ズワイガニ」「大ズワイガニ」「紅ズワイガニ」をまとめてズワイガニと呼びますが、それぞれ、特徴も値段も違います。

相場は、ズワイガニ姿1kgで4,000~6,000円程度。ブランドガニになればもっと高価なものもあります。逆に紅ズワイガニは安価で、安く食べられるズワイガニはベニズワイガニの可能性が高いです。

本ズワイガニは、ズワイガニの中でも身入りが良く、一番旨みが詰まっているズワイガニになります。この本ズワイガニは全国各地で地域ブランドとして販売されています。有名なものとして「松葉ガニ」「越前ガニ」としてブランド化されています。

大ズワイガニは、ロシア東岸で水揚げされるものが多いようです。本ズワイガニよりも身が大きいのが特徴。旨みも十分にあるので、かにしゃぶなどによく用いられています。

紅ズワイガニは、加熱すると全体が鮮やかな紅色になることから名前が付けられています。本ズワイガニ、大ズワイガニと比べると、それほど身が詰まっていません。旨みも少し劣るので、安く販売されているものは紅ズワイガニの可能性が高いです。缶詰にも使われています。

zuwaigani

タラバガニ

食べごたえがあるカニといえば「タラバガニ」、タラバガニは、足に詰まった身に甘みがあり、ボリュームも満点。カニ味噌は少ないので通常は食べませんので、足の身を食べるカニだと言えます。塩茹でや蒸し蟹として流通することが多いようです。生物学上はヤドカリの仲間にあたります。

タラバガニは3種類のカニの中では一番高価なカニになります。なぜかというと、やはりそのボリューム。プリッと身が詰まっており、淡白であっさり食べられるのが特徴。鍋などによく入れられています。

相場は、3種類のカニの中で一番高く、タラバガニ姿1kgで、4,000円から10,000円ほどになります。食べごたえがある大きな足が人気のようで、足だけのばら売りでしたらもう少しお手頃な価格で購入できるようです。

tarabagani

毛ガニ

毛ガニはその名の通り、全身に短い毛がびっしりとはいているカニです。ズワイガニとタラバガニが区別しにくいのとは違って、見た目ですぐ判断できます。何といっても毛ガニはカニ味噌がうまい。足には少ししか身がないので、他のカニと比べると、そこまで人気があるとは言えませんが、上品で濃厚な味わいは天下一品。

湯でがににして、シンプルに味わうのが一番おいしいのではないでしょうか。相場は、毛ガニ姿1尾あたり、3,000円~8,000円程度。大きさによってこちらも価格幅が大きいようです。

kegani

通販も信頼して購入できます

カニはスーパーでも購入できますが、今では通販で購入するのが主流になっています。カニの産地で撮れたカニを素早く冷凍保存してあるので、お家でも新鮮な状態で食べることができます。信頼できるサイトを以下にご紹介します。

かに本舗通販店『匠本舗』

カニ通販売上日本一で知名度抜群の『匠本舗』。カニ本舗といえば有名なカニ専門店です。高級料亭ご用達のズワイガニから、お得なセットまで、その品ぞろえの豊富さが嬉しいお店です。
こちらから購入できます蟹の匠本舗

カニの通販サイト『シーフード本舗』

こちらの店舗も、品質、流通量ともに信頼できる通販店舗です。シーフード本舗運営会社シートラスト株式会社は高級旅館、大手量販店に高品質のカニや海産物を納入する専門商社です。
こちらから購入できますズワイガニの通販専門店!匠のかに シーフード本舗

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
『ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ』特徴やおすすめの食べ方は?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする