福岡市でひったくり相次ぐ 2017年福岡県の犯罪件数

シェアする

スポンサーリンク

福岡市でひったくりが続発しています。12月25日に4件、26日にも2件バイクに乗った人物によるひったくりが相次ぎました。

福岡市でひったくり相次ぐ

警察の発表によると、2017年12月25日の午後9時から午後10時半までの間に、連続して4件のひったくり事件が発生しました。発生した場所は中央区の薬院、高砂、渡辺通、赤坂で、後方から原付バイクで近づき、追い抜きざまにバッグなどをひったくる手口です。

翌日の26日にも、早良区城西と博多区住吉でひったくり事件が続発しています。バイクではねてけがを負わせる事件も発生しています。現金を普段よりも多く持ち歩く年末だけに注意が必要です。

いずれのひったくり事件も、犯人は原付バイクに乗った黒っぽい服装の人物で、犯行の手口もにています。現在警察が、同一犯の可能性も含め捜査しています。

スポンサーリンク

2017年福岡県の犯罪発生数

福岡県は犯罪の多い県として有名です。実際に刑法犯認知件数を都道府県別でみても毎年トップ10にランキングしています。人口当たり犯罪件数でみると、トップ5に常連の都道府県になります。

今回は、2017年11月末までの刑法犯認知件数を調べてみました。刑法犯とは「刑法」や「暴力行為等処罰ニ関スル法律」など14の法律に規定する罪のことです。福岡県警察の統計資料をもとに作成しています。期間は2017年1月~11月までの累計認知件数となっています。

  • 強盗 76
  • 強制わいせつ等 375
  • 空き巣 1,670
  • 忍込み 502
  • 居空き 110
  • 自動車盗 170
  • オートバイ盗 1,081
  • 自転車盗 8,890
  • ひったくり 88
  • 車上ねらい 2,246
  • 部品ねらい 806
  • 自販機ねらい 394
  • 万引き 4,456

盗難等の犯罪が大多数を占めていますが、殺人、強盗、放火、強姦などの凶悪犯も2017年11月末時点で241件発生しています。

刑法犯が最も多いのは福岡市中央区

市区町村別に刑法犯の発生件数を見てみると、次のようなランキングになりました。人口が集中しているところで犯罪が多く発生しています。

  1. 福岡市中央区 3,369
  2. 福岡市博多区 3,234
  3. 福岡市東区 2,592
  4. 北九州市小倉北区 2,259
  5. 久留米市 2,121
  6. 福岡市南区 1,864
  7. 福岡市早良区 1,625
  8. 北九州市八幡西区 1,620
  9. 福岡市西区 1,449
  10. 北九州市小倉南区 1,340

年末年始は、凶悪犯を含め犯罪数が増加します。無事に新年度を迎えられるように、暗くなってからの行動には十分に注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市でひったくり相次ぐ 2017年福岡県の犯罪件数
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする