2019年元旦に太宰府駅リニューアル 初詣と式典で混雑の恐れ

シェアする

スポンサーリンク

2019年1月1日(火)に、西鉄太宰府駅が1991年以来27年ぶりに大幅リニューアルします。元日は式典も行われ、初詣客と相まって混雑が予想されます。

太宰府駅リニューアル

太宰府駅

2018年12月末までに、太宰府駅が大幅にリニューアルされます。太宰府天満宮がある大宰府は、福岡県でも人気の観光地となっており、インバウンドを中心に年間900万人を超える観光客が訪れる場所です。そんな大宰府の玄関口、太宰府駅が27年ぶりに大幅にリニューアルします。

今回のリニューアルでは、「町との共栄駅」というコンセプトのもと、駅の内外装に大宰府らしさを散りばめ、駅に着いた瞬間から大宰府を訪れた雰囲気を感じてもらえるような設えに改装が行われます。併せて利便性の向上のためにトイレにパウダーコーナーや授乳室を設置したり、駅前広場のバス停に上屋を設置したり、観光客には嬉しい改装も行われます。

スポンサーリンク

2019年1月1日には記念式典が行われます

リニューアルを記念して、2019年1月1日(火)には太宰府駅外コンコースにて式典の開催が決定しています。式典では鏡開きが実施され、振舞い酒も用意されるということです。

式典の開催時間は11:30~13:00が予想されています。かなりの混雑が予想さます。公共交通機関を利用されることを強くお勧めします。

年末年始には臨時電車・臨時バスが運行

太宰府天満宮への参拝者の利便性を向上するために、西鉄は2018年12月31日(月)の終電後の深夜から、2019年1月1日(火祝)始発前の早朝まで、太宰府駅への大晦日(終夜)臨時電車を運行します。

また、2019年1月1日(火)から3日(木)まで、西鉄福岡駅から太宰府駅を乗り換えなしで結ぶ臨時急行「初詣号」も運行します。

臨時バスもJR二日市駅から運行されます。2019年1月1日(火)から3日(木)まで15分間隔で運行されます。

とにかく、年末年始の大宰府は交通混雑が激しいです。公共交通機関をうまく活用し、大宰府天満宮への参拝に行きましょう。

大宰府に来たら併せて訪れたいスポット

大宰府には縁結びで有名な神社「竈門神社」もあります。全国から良縁を求めて若い女性が集まる神社の魅力をご紹介します。
福岡パワースポット!秋の竈門神社(かまどじんじゃ)で縁結び

太宰府天満宮の入り口近くにある牛の像をご存知ですか。お店が並ぶ参道の突き当りに座っている牛の像で、触るとご利益があるということでピカピカになるまで触られまくっている像です。その牛の像の由来を紹介します。
【福岡・太宰府】天満宮の牛の像が座り込んでいる理由

大宰府政庁跡は、太宰府市民の憩いの場として利用されています。広大な芝生が広がり、散歩や運動をする人でにぎわいを見せています。
福岡の草原スポット「太宰府政庁跡」広大な芝生で遊ぼう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2019年元旦に太宰府駅リニューアル 初詣と式典で混雑の恐れ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする