太宰府天満宮の花菖蒲の見どころ!|照明は6月1日~17日まで

シェアする

スポンサーリンク

太宰府天満宮では6月初旬から中旬にかけて花菖蒲が見頃を迎えます。そして、今年も、2018年6月1日(木)~6月17日(日)の間、菖蒲池で夜間照明が行われます。約55種30,000本が咲き誇り、紫・薄紫・白の花々が水面に映る姿は、太宰府天満宮の6月のハイライトです。

太宰府天満宮
福岡県太宰府市にある、菅原道真)をお祀りする神社で、「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国からご崇敬を集めています。初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上、年間にすると850万人以上の参詣者があるとされています。

太宰府天満宮の花菖蒲イベント

照明期間中は一部日程でジャズや篠笛演奏などのミニコンサートも開催されます(開花状況により中止・変更になる場合があります)。※雨天時は絵馬堂にて演奏

うんちく①【福岡・太宰府】天満宮の牛の像が座り込んでいる理由
うんちく②【福岡地名クイズ】太宰府と大宰府はどっち?入試で出るのは、地名でなく役職のだざいふ!

スポンサーリンク

菅原道真が生きた時代

醍醐天皇の時代に、左大臣藤原時平と対立した右大臣の菅原道真は大宰府に左遷された。 醍醐天皇の在位中に、唐は滅亡した。 10世紀前半には、醍醐天皇と村上天皇によって、後に延喜・天暦の治とよばれる天皇親政が行われた。

  • 承和の変…842年、恒貞親王の即位を企てたとして、橘逸勢らが流罪となった。
  • 応天門の変…866年、応天門に放火したとして、伴善男が伊 豆に流罪となった。
  • 安和の変…969年、為平親王の即位を企 てたとして、源高明が大宰府に左遷された。

太宰府スポット

太宰府市民の森

大宰府政庁跡の裏手にあって、四王寺山麓に位置する自然豊かな公園です。公園は西側を「春の森」、東側を「秋の森」あります。展望広場付近には春になるとヤエザクラやソメイヨシノなどの桜が咲き誇ります。また、少年自然キャンプ場もあり、ファミリーでお花見キャンプを楽しみ方の1つです。

岩屋城跡

岩屋城は、筑前国御笠郡(福岡県太宰府市浦城)にあった山城です。四王寺山(標高410メートル)の中腹にあります。築城は天文年間(1532年~1554年)に大友氏の武将・高橋鑑種と伝えられ、立花城と共に大友家の筑前支配の拠点でした。

竈門神社

福岡県太宰府市にある竈門神社は、神々が宿る山として崇められてきた宝満山の麓に鎮座する神社です。天満宮の鬼門を守る神社でもあります。宝満山の登山口として、また縁結びの神様としても親しまれています。特に若い女性やカップルに人気がある神社で、恋のパワースポットとしても有名で、全国各地からスポット巡りの巡礼者が集う神社です。
確認福岡人気の登山「宝満山」竈門神社から山頂を目指す!

太宰府のおすすめカフェ

スタバ太宰府天満宮表参道店

天満宮へ続く表参道の中間地点あたりに位置しています。何といってもその外観から圧倒されます。「ここは美術館?」と間違えてしまうようなおしゃれな外観をのぞかせています。

スタバ太宰府天満宮表参道店は有名な建築家「隈研吾」氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計されています。「隈研吾」氏は2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場のデザイン・設計を手掛けた建築家で、自然素材を使った建築で有名です。店舗の入口から店内にかけて、伝統的な木組み構造を用いた特徴あるデザインになっています。
続き【太宰府・カフェ】天満宮の参拝にスタバはマスト!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
太宰府天満宮の花菖蒲の見どころ!|照明は6月1日~17日まで
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする