福岡から佐賀へ秋のドライブ。おすすめの観光地(スポット)・イベントまとめ

福岡から佐賀市、唐津市には車で1時間ほどです。日帰りドライブもできるほど良い距離にあります。今回は、そんな佐賀や唐津の秋に最適なドライブスポットやイベントの紹介です。佐賀市街地には佐賀藩時代や明治維新期の史跡が多く残っています。佐賀城や日本最初の実用反射炉の跡地「築地反射炉跡」などの観光スポットも多くあるほか、古湯温泉、熊の川温泉、三瀬温泉などの温泉郷、「九州の嵐山」とも呼ばれる景勝地「川上峡 」、 日本の棚田百選に選ばれた「西の谷の棚田」などもあります。一方、唐津市は佐賀県の北西に位置し玄界灘に面する市です。九州の北西部に位置していることから、古くから中国や韓国への玄関口として栄えて来ました。特に、世界中から観光客が集まる唐津くんちは約400年も前から伝わる大祭で、街を練り歩く豪華絢爛な曳山が最大の見どころとなっています。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

佐賀インターナショナルバルーンフェスタは毎年11月に開催されている気球のフェスティバルです。世界的に知られている大会で、世界各地からもチームが参加し、のべ80万人以上の人が見学に訪れるフェスタとなっています。「パシフィック・カップ」「熱気球日本選手権」「熱気球ホンダグランプリ」などの競技会が開催され、佐賀市の会場はたくさんのバルーンで埋め尽くされます。

競技会のほかにも、気球の仕組みを学ぶ気球教室、ライトアップされた気球を音楽とともに楽しむ「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)」、アニメのキャラクターが巨大バルーンになって会場を飾る「バルーンファンタジア」などのイベントもあります。

  • 住所:佐賀市嘉瀬川河川敷

唐津くんち

「唐津くんち」は毎年11月2、3、4日に開かれる唐津神社の秋季例大祭で、唐津市で最大のお祭りです。県の重要文化財に指定されているほか、国の重要無形民俗文化財にも指定されていて、海外でも広く知られお祭りの期間中には50万人以上の人が唐津市を訪れます。

唐津くんちの最大の見どころは、鯛や鯱、龍、獅子、武田信玄や上杉信玄などの兜などを乗せた14基の曳山。他には類を見ないほど大きく、重さは2〜5トンもあるとか。この豪華な曳山をいなせな曳子たちが力を振り絞って曳き、街中を練り歩く光景は圧巻!クライマックスには見物客も一緒になって「エンヤ、エンヤ」と掛け声をあげ、街全体が盛り上がります。
詳細11月2日、3日、4日は、唐津くんちに出かけよう!福岡市内から60分!

相知くんち

相知くんちは、毎年10月に熊野神社の秋祭りとして行われるお祭りです。江戸時代の大名行列を再現した「羽熊(はぐま)行列」で知られているお祭りで、毛槍の「羽熊」を投げ渡す妙技が最大の見どころ。もとは、唐津くんちの際に行われていた行列ですが、明治6年(1873)唐津神社から熊野神社に毛槍や挟み箱が譲られたことから、相知で「羽熊行列」が行われるようになりました。市指定無形民俗文化財となっています。

  • 住所:佐賀県唐津市相知町相知

呼子「杉の原放牧場」

杉の原放牧場は、佐賀県唐津市呼子町の加部島の最北端にある牧場です。断崖の上にある牧場で、草原の緑と青空、玄界灘の青色が見事にマッチした絶景癒しスポットになっています。福岡市内からは車で約2時間ほどの場所にあり、ドライブにはちょうど良い距離に位置しています。約2時間ほどのドライブのあと、草原と絶景に囲まれてリフレッシュ。草原には放牧された牛もいますので、草を食む牛たちののどかな風景にもうっとりと癒されます。
詳細呼子へドライブ「杉の原放牧場」草原と海と牛と青空で癒される

  • 住所:佐賀県唐津市呼子町加部島
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡から佐賀へ秋のドライブ。おすすめの観光地(スポット)・イベントまとめ
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ