車の車内温度を早く下げる方法!こんな方法があったのか!?

車内温度を早く下げる方法!この時期、車の中に入る瞬間が最も暑くて嫌ですよね

思わず「暑っ!いや熱っ!」と叫ぶのが、どこの駐車場でも聞こえてくるわけですが、その「暑い(熱い)」車内をもっとも早くさげる方法を書いてみたいと思います。

pexels-photo-100654

スポンサーリンク

窓を開けて、クーラ-をつけて、走行する

最も早く社内の温度が下がるのは、「窓を開けて、クーラ-をつけて、走行する」です。よく使われている「冷却スプレー」ですが、この暑い夏では、ほとんど意味を成しません。次に、「ドア開閉」。いわゆる、助手席の窓を開けた状態で、運転手側のドアを開閉して、閉めるときにバタンと勢いよくすることで、中の熱気を外に出す方法ですが、たしかに一気に10℃ぐらい下がります。しかしながら、効果はそれだけです。

また、エアコンを操作することによる「エアコンの外気導入」と「エアコンの内気循環」ですが、あまり差はありません。快適になるまでには、どちらも10分と少しかかってしまいました。

そこで試したのが、「窓を開けて、クーラ-をつけて、走行する」です。一気に、車内の温度は下がっていき、3分もすれば快適な状況になります。窓を開けてクーラーと一見すると、無駄に見えますが、最初の3分で快適になりますので、その後、外の温度と社内の温度の開きが小さくなり、結果として、省エネ走行ができます。

この時期、気をつけたい車内でのこと

・「やけど」
特に、お子さまがいる方は、炎天下に駐車していた車のチャイルドシートの金具です。熱くなって、やけどをすることも。その他には、ハンドルやダッシュボード、金具などにも熱が蓄積しています。

・「破裂」
ライターやジュースや整髪スプレーなどが入った缶ボトルが破裂して、車のガラスが破損することも。

今読まれています。

【志免町・カフェ】ツタヤガレージ(TSUTAYA BOOK GARAGE)に寄ったあとは、このカフェ3選!
【福岡・オープン】本好きにはたまらないおしゃれな古本屋”ツタヤ ブック ガレージ(TSUTAYA BOOK GARAGE)”
【福岡・海の家】百道浜と深江にavex beach paradise(エイベックス・ビーチ・パラダイス)オープン!美女が集まる新スポット!

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
車の車内温度を早く下げる方法!こんな方法があったのか!?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする