平成30年福岡県公立高校合格判定予想に英進館はAI導入

平成30年福岡県公立高校合格判定予想に英進館はAI導入という記事をまとめています。

AIによる合格判定

福岡市にある学習塾最大手である「英進館」は平成30年からの福岡県公立高校入試合格判定予想にAI(人工知能)を導入するとのことです。
AI導入により約10分で算出できるようです。

スポンサーリンク

今回のAI

今回のAIは、グルーヴノーツが提供する機械学習ツールとのこと。このAIは、過去のデータから、手軽に将来を予測できるのが特徴で、これまでの模擬試験での試行でも、実証済みのようです。

教育とAI

特に、今回のようなケースは、AIが得意なことを任せられることにより、講師がその分、より子どもたちのために時間をかけられることにつながらるので、プラス面の効果が期待できますね。

このように、AIがどんどん導入されると、これまでの教師の役割が変わるでしょう。教える仕事は、AIを搭載したヒューマノイド(人間型ロボット)になるでしょう。教師の役割は、調整役。調整役とは、ファシリテーター、コーディネーター、コンサルタントといった役割を総合したもので、AIと生徒たちの橋渡しや生徒の理解を深めるサポートになるでしょう。また、これまで多くの教師が抱えてきた雑務もAIの協力によって、大きくその負担は軽減されていくのであろうと思われます。

確認AI(人工知能)とBI(ベーシックインカム)

英進館

九州地方を拠点とした中学・高校・大学受験対応の総合学習塾。英進館は、教育とは社会的・経済的・精神的に自立した社会人となるための基礎固めだとする教育観。そのためには通常の教科指導・受験指導はもちろん、社会にでてからも必要な「しつけ」や「あいさつ」、それから困難・スランプに遭遇しても逃げ出さない「強靭な精神」、「学ぶ姿勢」を身につけさせることが重要だとしています。また、これらの環境を高いレベルで実現できているのも英進館ならではのものだと自負としている学習塾。

グルーヴノーツ

高い技術力を基盤に次世代のITビジネスを創出します。あらゆるモノがインターネットにつながり、データが劇的に増える未来。スマートデバイス×ビッグデータを価値に変えるクラウドプラットフォームを提供している企業。学童保育TECH PARKの運営も手掛ける福岡市に本社がある企業。

あわせて確認

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
平成30年福岡県公立高校合格判定予想に英進館はAI導入
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ