2017センバツ初日。優勝候補対決は、履正社が9回猛攻で勝利!

本日より開幕した第89回センバツ高校野球大会です。初日の第1日の2試合目には、優勝候補に挙げられる履正社VS日大三の一戦が繰り広げられました。試合は、両チーム合わせて24安打の打撃戦となりましたが、9回表に一挙7点を挙げた履正社が勝利を収めました。

白熱した試合展開

1回戦 日大三5―12履正社
勝利監督インタビューで、履正社の岡田龍生監督は「粘りを出して本当によくやってくれた」と選手をほめ称えておりました。9回の攻撃前には「全員でやるぞ」との掛け声で、一気に集中打を浴びせて、勝利をもぎ取っています。

試合は、初回に日大三が2点を先制。しかし、履正社は、3回に西山の適時二塁打で1点を返すと5回に1死二、三塁から石田が3ラン本塁打を放ち、4―2と逆転しました。さらに、7回にも溝辺の適時打で1点を追加し5―2と突き放した。しかしここから、日大三の逆襲。7回に桜井が適時二塁打で2点を返し1点差まで詰め寄ると、8回には津原が右中間へ適時三塁打で同点に一時は追いつきました。

そして、迎えた最終回の9回。履正社は走者を2塁においた2死から石田が左前適時打で勝ち越し。続く高校通算49本塁打でプロ注目の安田が適時二塁打で7点目を入れるなど、打者12人、6安打を浴びせ一挙、7得点を奪い試合を決定づけました。

勝った履正社は、大会6日目(24日)の2回戦で同じく今日勝利した呉高校と対戦です。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2017センバツ初日。優勝候補対決は、履正社が9回猛攻で勝利!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ