福岡模擬選挙2018開催!未来の福岡市長を選ぼう

シェアする

スポンサーリンク

今年も高校生模擬選挙が福岡市で開催されます。今年で3年目の開催になりますが、毎回多くの中高生が参加し、自分が目指す福岡市政を熱くプレゼンします。中高生にとって非常に意義のあるイベントとなっています。

福岡模擬選挙2018

福岡模擬選挙2018

中学生・高校生・大学生が立候補し、自分が描く福岡市の政策をプレゼンします。それを聞いた参加者が投票するという形の模擬選挙です。実際に福岡市選挙管理委員会からの選挙のレクチャー等もあり、投票は本物さながら。選挙活動や投票、政治についてシミュレーションも行われます。

今年のテーマは「福祉」「観光」「教育」の3つ。その中から1つテーマを選び、それに関して福岡市が抱えている問題を解決するための今後5年間の計画をプレゼンする形となります。

立候補できるのは中学生~大学生ですが、参加者(投票者)は年齢制限はありませんので、小学生から大人まで参加できます。

毎年参観していますが、非常に意義のあるイベントです。中高生にとって人前でプレゼンすることもいい経験になりますが、何よりも仲間に出会えることに大きな存在意義を感じます。同じ中高生でもここまで意識が高い中高生もいるんだと感心させられます。

また、社会人の方にも是非参加してほしいイベントでもあります。未熟ながらにもしっかりと自分の主張を行い、工夫を凝らしたプレゼン、そして福岡の将来像を語る高校生や大学生に心打たれます。
参考過去の福岡模擬選挙のようす
【福岡模擬選挙2017】未来の福岡市長は「田邊柚須」さん当選確実!
【福岡模擬選挙2016】未来の市長は福岡雙葉高校「清原透子」さんに決定!

スポンサーリンク

福岡模擬選挙2018 開催概要

主催するのは「福岡United Children」で、福岡市を中心に活動する中学生・高校生で構成されています。中高生が自ら企画立案し、街頭での募金活動や海浜の清掃活動、模擬選挙、国連ハビタットツアーなどを開催しています。

  • 選挙演説・投票日:2018年4月22日(日)
  • 時間:13:30~17:00
  • 会場:福岡市役所本庁舎 講堂(15F)
  • 参加費:無料
  • 当日の流れ:各候補者が政策をプレゼン(各15分)→参加者が投票→結果発表・表彰
  • 福岡UC(ユナイテッドチルドレン)とは?

改正公職選挙法とは?

昨年2016年6月から施行されている「改正公職選挙法」では、18歳以上の未成年者も有権者に加わりました。新たに加わった18~19歳の有権者は全国で約240 万人となっていて、全有権者数の約2%を占めることになります。

選挙権が付与されると同時に、18歳以上の未成年者であっても、買収などの公職選挙法違反に抵触する場合は、少年法の特例措置として成人と同様の処罰を受けることになります。

選挙権の拡大は喜ばしいことですが、それに対しての不安や政治についての不明点が多いのが現実問題として挙げられています。政教分離の壁があるためか、学校でも政治の話はほとんど行われないため、選挙について「どうしたらいいのか全く分からない。」と感じている人がほとんどではないでしょうか。

過去の福岡模擬選挙の様子

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡模擬選挙2018開催!未来の福岡市長を選ぼう
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする