【福岡・政治】“FUKUOKA模擬選挙2016” 4/29(金)即日開票!

“18歳選挙権”夏の参議院選からスタート

2016年度6月から施行される「改正公職選挙法」で、今回から18歳以上の未成年者も有権者となります。新たに加わる18~19歳の有権者は約240 万人となっていて、全有権者数の約2%を占めることになります。「18歳選挙権」は、施行後初めての国政選挙から適用すると定められており、今年の衆・参両院選から実施されることになります。その後、地方自治体の首長や議会議員の選挙などにも順次適用されることになっています。18歳以上の未成年者であっても、買収などの公職選挙法違反に抵触する場合は、少年法の特例措置として成人と同様の処罰を受けることになります。

選挙権の拡大は喜ばしいことですが、それに対しての不安や政治についての不明点が多いのが現実問題として挙げられています。政教分離の壁があるためか、学校でも政治の話はほとんど行われないため、選挙について「どうしたらいいのか全く分からない。」と感じている人がほとんどではないでしょうか。

今回のイベント「FUKUOKA模擬選挙2016」では、中学生・高校生・大学生みずから市長の立候補を募り、福岡の未来のビジョンについてプレゼンをしてもらいます。実際の選挙さながらの模擬選挙を行い、選挙活動や投票、政治についてシミュレーションを行います。全国の投票率№1を目指し、着々と下準備が整っているようです。

若者の選挙に対するひたむきな姿勢を、我々大人もしっかりと受け止めるべきではないでしょうか。この国や地方自治体は一部の大人たちがつくるものではなく、我々一人一人の意志に基づいて作られるものであります。一般の人の参加もできますので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。ただし、一般の方は選挙はできません。観覧のみになります。

Fukuoka Mock Electionより

Fukuoka Mock Electionより

スポンサーリンク

“FUKUOKA模擬選挙2016”詳細

■日時:2016年04月29日(金)

■時間:13:30~

■場所:福岡市役所15階講堂(福岡市中央区天神1-8-1)

■参加費:無料

■定員:200人(先着)

■申込締切:2016年4月28日(木) 17:00

■主催:福岡ユナイテッドチルドレン

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・政治】“FUKUOKA模擬選挙2016” 4/29(金)即日開票!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ