【福岡】電力自由化特集!第1回「電力自由化って何?」

今更だけど「電力自由化って何?」

2016年4月より、電力の小売り自由化がスタートしました。既存・新規の電力会社を問わず、各社さまざまなプランの提供をスタートさせています。
しかし、「電力自由化で何ができるの?」「何も変更してないけど損するの?」「本当に安くなるの?」「どこと契約すればお得なの?」などなど、多くの疑問や不安点があるのが現状ではないでしょうか。

fukuuは、今回“福岡での電力自由化”について、皆さんの不安や疑問を解消できるように特集を組ませてもらいました。賢く選んでみんなのニーズに合った電力会社を選べるように、様々な情報を発信していきます。全国版ではなく福岡のみに特化した永久保存版になります。

電力自由化1

スポンサーリンク

電力自由化とは

電力自由化とは、今まで九州電力の独占事業であった電力の小売り事業を、市場に参入してきた複数の電力会社と契約ができるようにすることです。これにより、我々一般消費者は、電気料金の低価格化やサービスの向上などの恩恵を受けることができるようになります。諸外国では、1990年代から電力の自由化がスタートしていて、日本は遅れること約20年。やっと全面的電力自由化に踏み切った形になります。

ようやく一般消費者への電力自由化が実現したのですが、自由化への転機になったのは実は東日本大震災であることはみなさんご存知でしょうか。東日本大震災において、東京電力の福島第一原発がメルトダウンを起こすという大惨事を招き、電力供給バランスが崩れてしまうという事態に日本は陥ってしまいました。これにより、電気料金が高騰したことが電力自由化に拍車をかける形になったようです。

今回の電力自由化は、私たち一般消費者に様々な恩恵をもたらしてくれるでしょう。その最たるものは、なんといっても“電気料金の低価格化”ではないでしょうか。九州電力の独占状態から、複数の電力会社の競争ができる市場環境に変化することで、今後電気料金は確実に値下がりしていきます。自由化になっただけで、そんな簡単に電気料金が下がるのか疑問視する声も聞こえます。しかし、東日本大震災で明らかになったように、既存の電力会社は十分な企業努力を行うことなく、本来電気料金に上乗せするべきでない経費まで電気料金に上乗せしていました。電力自由化により市場原理がはたらけば、各社企業努力をしっかり行い生き残りをかけ競争が加速していきます。試算では、月1000円~2000円程度は料金を下げることも可能だといわれています。

また、“電気料金の低価格化”だけでなく、その他の料金の割引や、さまざまなサービスを受けることができるようになるのも、我々一般消費者にとってはメリットになります。ガスやガソリン、インターネット、電話など、電気料金以外の料金の割引や、カード会社の場合はポイントの還元など、多様な形で私たちは得をすることができるようになります。

比較検討の手間

電力自由化は万々歳ですが、ここで問題になるのが各電力会社の“比較検討の手間”があります。2016年3月時点で既に500社以上が小売電気事業者への申請を行っていて、各社とも創意工夫を凝らした複数のプランを準備しています。私たちはその膨大なプランの中から、自分のライフスタイルに合ったプランを選択しなければ恩恵をうまく受けることができません。この“比較検討の手間”は相当なものになるでしょう。

電力自由化の恩恵を最大限に享受できるように、fukuuでは、福岡だけに焦点を絞り、比較検討の手間を少しでも省くことができるような情報を発信していきます。次号をお楽しみに。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡】電力自由化特集!第1回「電力自由化って何?」
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする