福岡市内からすぐ行ける藤の花満開のスポット紹介

桜の季節が終わると、すぐに藤の花が満開を迎えます。福岡県内や福岡県周辺にはきれいな藤の花が満開のスポットが多数存在します。今日は福岡市内からでもすぐに行ける藤スポットをご紹介します。

福岡市内からすぐに行ける藤スポット

福岡市周辺には満開の藤を観賞できるスポットが多数存在します。藤はきれいな紫の花を咲かせるつる性の植物で、4月から5月にかけて満開になります。藤は鉄棒などでつくられた藤棚から一斉に垂れ下がる様子が美しく、小さな子供から高齢者まで非常に人気がある花です。

今日は福岡市内からドライブで行ける、藤の世界をご紹介します。

スポンサーリンク

北九州市『河内藤園』

九州で藤のスポットといえばおなじみの『河内藤園』ではないでしょうか。日本のみならず、世界でも有名なスポットとして多くの海外観光客が訪れるスポットでもあります。

有名なのが「藤の花のトンネル」。幻想的なその景色は一度訪れたら病みつきになること間違いありません。

  • 場所:北九州市八幡東区河内2-2-48
  • 期間:4月中旬~5月中旬
  • 時間:8:00~18:00
  • HP:http://kawachi-fujien.com/
  • 電話:河内藤園 093-652-0334
  • 入園料:咲き始め・咲き終わり500円 中間 1,000円 見ごろ 1,500円 高校生以下 無料
    ※GW期間中はコンビニでチケットの購入が必要

八女市『黒木の大藤』

八女市の素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)にある藤スポットで、こちらも福岡県で超有名な藤スポットになっています。境内にある樹齢600年の大藤が垂れ下がる様子は、悠久の生命の営みを感じさせる自然の貴重な造形物。毎年約20万人が訪れるスポットに是非行ってみてください。

4月中旬から5月初頭にかけて、八女黒木大藤祭りも開催されていますので、多くの物産展や出店もみんなが来るのを待っています。

筑紫野市『武蔵寺』

筑紫野市の藤スポットといえば「武蔵寺」。樹齢1300年と伝わる長者の藤は圧巻です。花房の大きさも相当なものになり、大きいものでは1メートルを超えるものもあるようです。藤棚から勇壮に垂れ下がる藤を見に行きませんか。

藤の期間中4月下旬か5月上旬には「二日市温泉藤まつり」も開催され、ステージイベントや出店など多くの観光客で賑わいます。

唐津市『唐津城』

唐津城は桜の名所でもあり、藤棚の名所でもあります。大きな花房にもなるとその大きさは1.3mを超えるものまであり、藤に浮かぶ唐津城は歴史を感じさせる見事なものになります。

唐津市は『ユーリ!!! on ICE 』聖地巡りで一躍優目になっており、現在も多くの聖地巡り観光客で賑わっているようです。唐津城も実際に登場していますので、実物と見比べてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

まだまだ名所が沢山ありますが、今回はこの4つのスポットをご紹介しております。ドライブで1時間ほどで着く場所ばかりですので、GWの訪問地として検討してみてはいかがでしょう。

藤の開花シーズンとGWが重なるため、渋滞も予想されます。事前調査をしてスムーズに行けるようにスケジューリングを行いましょう。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡市内からすぐ行ける藤の花満開のスポット紹介
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ