平成30年度福岡県公立入試「社会大問3番(世界地理)」予想と対策

平成30年度福岡県公立入試「社会大問3番(世界地理)」予想と対策について記述しています。例年、福岡県公立入試の社会大問3では、「世界地理」が出題されます。世界地理といっても、日本と絡めて出題されることが多く、世界と日本との結びつきに、常に注目しながら学習することが必要です。それでは、平成30年度福岡県公立入試「社会大問3番(世界地理)」予想と対策です。

社会大問3番(世界地理)傾向

世界地理では、地図帳で常に各国の名称や位置ばかりでなく、首都や山・河川など主要なものまで把握しておく必要があります。昨今では、時事的な問題や社会問題に結び付けて出題されることも多いため、日ごろからニュースには敏感でいたいものです。

また、差が出る出題形式として、グラフや統計の読みとりです。近年は、記述式(簡単な文章を書く)で出題されることもあり、さまざまな角度からの演習しておく必要があるでしょう。

  • 「緯線・経線」
  • 「時差」
  • 「雨温図」
  • 「各国の特徴(気候、民族、工業・農業など産業や問題、歴史)」
  • 「日本との結びつき」
  • 「社会問題」
  • 「グラフ・統計」

などには、注意が必要です。

スポンサーリンク

具体的に学ぶべき単元

「赤道を通る国」「本初子午線を通る国」「日本のある都市と同緯度の都市」などは、よく出題される問題です。
確認高校入試に出る中学地理「緯度・経線の問題」のポイント

高校入試出る世界の鉱業・工業などの生産量・輸出量の順位ランキング!についてまとめています。入試では、その資料が何年のものかを注意して解く必要がありますが、大まかな特徴はつかんでおくと便利でしょう。
確認高校入試・社会「入試に出る世界の貿易の生産・輸出量のランキング」

あわせて確認

平成30年度福岡県公立入試予想テスト問題の決定版!
平成30年度福岡県公立入試予想テスト問題の決定版!についての記述です。Fukuuでは、県下のそれぞれ塾で講師をされている人たちの協力を経て、予想テスト問題及び解説動画の販売を行っています。 今回…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
平成30年度福岡県公立入試「社会大問3番(世界地理)」予想と対策
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ