平成30年度福岡県公立入試「社会大問4番(日本地理)」予想と対策

シェアする

スポンサーリンク

平成30年度福岡県公立入試「社会大問4番(日本地理)」予想と対策です。福岡県公立入試の社会大問4番では、例年、日本地理の分野から出題されます。大問3番の世界地理と違って、日本について細かいところまで出題されます。それでは、平成30年度福岡県公立入試「社会大問4番(日本地理)」予想と対策です。

社会大問4番(日本地理)傾向

傾向として、「日本全体(領土・地方・地名・地形図など)」「気候(雨温図など)」「工業」「農業」については、最低限おさえておきたいところです。そのほか、エネルギー資源、諸問題、世界との関わりについてもおさえておきたいところです。

具体的な対策

スポンサーリンク

日本全体

領域 領土 領海 領空
内容 国家の主権が及ぶ陸地 沿岸より一定の範囲。12海里(約22キロ)以内が定着 領土と領海の上空。一般的に大気圏内
  • 経済水域…領海の外側の沿岸から200海里までの水域。水域内の漁業資源や鉱産資源の権利は沿岸国にある。
  • 公海自由の原則…経済水域の外側の公海はどこの船や漁船も自由に航行や創業ができる。
  • 国際法…国と国とか結ぶ条約や長い間の慣行が法となった国際慣習法など国際社会のルール(決まり)。主権を尊重し合っていくために各国は国際法を尊重し国際協調を維持向上させることが求められる。

確認国の領域(領土・領海・領空)の比較と違い

気候

気候 北海道 太平洋側 日本海側 中央高地 瀬戸内 南西諸島
特徴1 冷帯の気候 冬に晴天が続く 北西の季節風の影響 高地は冷帯に近い 夏の降水量は少ない 亜熱帯気候
特徴2 冬の気温が低い 冬に雪が多い 気温差が大きい 一年中高温多雨

確認中学地理の「日本の気候の特色」自然災害と防災まで!

工業

日本全域をみれば、太平洋沿岸に工業地帯・地域が集中する太平洋ベルトがあります。四大工業地帯とよばれる、京浜、中京、阪神、北九州工業地帯(現在は除かれています)も太平洋ベルトに含まれます。内陸部には、工業団地や機械工業を中心に発達しています。

  • 日本の工業の変化…かつては加工貿易に依存していたが、多くの企業が海外に進出し多国籍企業として生産を行っています。

確認中学地理の「日本の工業地帯・地域」の特徴・比較

農業

日本の農業の特色として、稲作、畑作、果樹栽培、畜産と大きく展開しています。問題点は、食料自給率の低下、後継ぎ問題が大きく2つあります。いろいろな課題への取り組みをしている最中である。たとえば、地産地消の動きは広がっています。
確認中学地理の入試に出る「日本の農業・農作物」比較・違い

あわせて確認

平成30年度福岡県公立入試予想テスト問題の決定版!
平成30年度福岡県公立入試予想テスト問題の決定版!についての記述です。Fukuuでは、県下のそれぞれ塾で講師をされている人たちの協力を経て、予想テスト問題及び解説動画の販売を行っています。 今回…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
平成30年度福岡県公立入試「社会大問4番(日本地理)」予想と対策
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする