平成30年度福岡県公立入試「社会大問5番(公民分野)」予想と対策

シェアする

スポンサーリンク

平成30年度福岡県公立入試「社会大問5番(公民分野)」予想と対策についての記事です。福岡県公立入試の社会科大問5番では、例年、公民分野からの出題となっています。公民分野と言っても、幅広いので、その傾向と対策をみていきましょう。それでは、平成30年度福岡県公立入試「社会大問5番(公民分野)」予想と対策です。

社会大問5番(公民分野)の傾向

公民分野のジャンルでいえば、「人権」「政治」「裁判」「地方自治」「金融」「経済」「消費」「国際関係・機関」から網羅的に出題されることが多いです。さらに、いずれも「時事的な問題」とセットで出題されることが多くなったことも特徴です。

最近の傾向では、世界との結びつき、歴史との結びつきなど、用語やグラフを覚えたその点と点を結びつける力が必要となっていきます。学習のポイントとしては、その法律が成立した背景(歴史)、その仕組みが成立した理由やその後の結果など、少し踏み込んだ学習が必要です。

公民の対策

スポンサーリンク

人権

「基本的人権」うち平等権・自由権・生存権の比較と違いです。確実に覚えて得点源にしたいところです。基本的人権は、侵すことのできない永久の権利と日本国憲法に明記されています。
確認中学公民の「基本的人権(平等・自由・生存権)」の比較・違い(練習問題付)
確認中学公民の「新しい人権(環境権と知る権利など)」の比較・違い

政治

選挙制度(小・中・大選挙区制・比例代表制)の比較と違い(デメリット・デメリット)です。入試でもよく出題されるところです。
確認中学公民の「政治参加と選挙制度」

国会の仕事と内閣(行政)の仕事の比較と違いについてまとめています。入試やテストで頻出するものの曖昧にしたままテストを受験する人も多く正答率が低いところでもあります。ここで、しっかり覚えましょう
確認中学公民「国会の仕事と内閣の仕事」の比較

民事裁判と刑事裁判の比較と違いです。そのしくみの比較と違いについては、入試でも頻出され、裁判員制度と絡めて時事的な問題としても要注意なところです。
確認中学公民の「民事裁判と刑事裁判」の比較・違い

三権分立では、その基本原理、抑制と均衡、その仕組みについて知っておくことが大切です。入試でもよく図とともに出題されるのでしっかりおさえておきましょう。
確認中学公民の「三権分立のまとめ」基本原理と均衡がポイント!

中学公民のテストに出る直接請求権の署名数と請求先の比較と覚え方です。署名数や請求先が、請求によっては、同じだったり、違ったりと紛らわしいので、何度も表などを書くなりして覚えていきましょう。
確認中学公民「地方自治の住民の直接請求権」

経済

需要(量)と供給(量)の比較と違いについてまとめています。入試でもよく出題されるのですが、あいまいにしている答えを逆にして書いてしまう受験生も少なくありません。
確認中学公民「市場経済の仕組みと需要・供給」

日本銀行の役割は大きく4つあり、それに基づいて仕事をしていきます。入試でもよく出題されるところなので、確実に得点できるよう覚えていきましょう。
確認中学公民の「日本銀行の役割と仕事」のまとめ

入試でも、よく出題されるところの1つで、「簡潔に説明せよ」など自分で記述しないといけない問題も少なくないので、記述の対策まできっちりしておきましょう。
確認中学公民の「景気変動の調整と景気対策」

4つの社会保障制度(社会保険・公的扶助・社会福祉・公衆衛生)の比較と違いをまとめています。入試でもこのような比較対象となるべき項目はよく出題されます。社会保障について、公民でも終盤に習うこともあって、ないがしろにされがちですので、しっかりここで覚えておきましょう。
確認中学公民の「日本の社会保障制度」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
平成30年度福岡県公立入試「社会大問5番(公民分野)」予想と対策
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする