2018年度用福岡県高校入試「社会」の傾向と対策!勉強すべき点

2018年度用福岡県高校入試「社会」の傾向と対策として、勉強すべき点をまとめています。福岡県の最近の傾向として、きごうで答える問題は少なくなり、出題されても完答問題が多くなっています。また、大問1題ごとに記述問題が出題されているのも特徴です。それでは、2018年福岡県高校入試「社会」の傾向と対策!勉強すべき点をみていきましょう。

福岡県高校入試「社会」の傾向

大問6題から構成されています。ここ5年間の社会科の平均点は、34.0点→33.1点→35.2点→30.8点→31.3点と推移しています。

以上のように、歴史・地理・公民からバランスよく出題させています。社会に関して総合的な力が要求されます。最近では、図、資料、統計と絡めた問題の割合が高くなっており、日頃からその対策が必要不可欠となっています。

スポンサーリンク

特に、勉強すべき点

まずは、基本事項の確認、暗記は必須です。最近の入試では、それだけでは得点できませんので、そのあとは演習を重ねながら、実践力を養っていくことを念頭においておきましょう。また、「比較・違い」の問題も注意すべき点です。よく差が出る問題です。あいまいにしておかず、定期的に復習していくことも大事です。歴史では、テーマ史についても大きな流れでおさえておきましょう。テーマ史とは、文化なら文化、貿易ならな貿易とテーマに沿った問題です。

「比較・違い」の問題の例

地理分野

など

歴史分野

など

公民分野

など

テーマ史

など

以上が、2018年度用福岡県高校入試「社会」の傾向と対策!勉強すべき点でした。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
2018年度用福岡県高校入試「社会」の傾向と対策!勉強すべき点
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ