福岡大学平成30年一般入試はじまる!実質倍率は3.2倍程度

シェアする

スポンサーリンク

平成30年度福岡大学の一般入試前期日程がスタートしました。一般前期入試の志願者は22,791人と、昨年平成29年度入試の22,693人とほぼ同じ水準となっています。

平成30年度福岡大学一般前期の実質倍率は約3.2倍

私立大学の受験者は、国公立大学と併願して受験する生徒が多いのが現状です。福岡大学では、学部や学科により違いがありますが、募集人員の3倍~5倍程度の合格者を出します。平成30年度の一般入試前期日程の志願者は22,791人、それに対して募集人員は2,005人となっており、この時点では10倍以上の競争率になりますが、合格者はその3倍~4倍程度の6,000人超となりますので、実質倍率は3.0倍~3.5倍程度になる見通しです。

平成30年度の一般入試前期日程の募集人員は、昨年の1,807人から2,005人と200人程度増加しています。昨年平成29年度の実質倍率が3.6倍だったことを考えると、志願者が微増していますが、実質倍率は3.0倍~3.5倍程度に下がる見通しです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡大学平成30年一般入試はじまる!実質倍率は3.2倍程度
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする