福岡、バス高速輸送システム導入で連節バス登場。

渋滞緩和に一役ありそうな連結バスのバス高速輸送システム導入

バス通勤者が多いのも、福岡市の特徴。朝のラッシュ時は、都市部では、渋滞もひどく、近年では、移住者も増えたことから、あちこちで、渋滞が目立つようになってきました。

そこで、西日本鉄道は連節バスを使ったバス高速輸送システム(BRT)を導入しようと検討です。試験導入ですが、福岡都市部の至るところで見受けすることになるではないでしょうか。しかも、連結バスで全長18mもあり目立つことは必至です。福岡に初めて訪れた観光客の人にも一目瞭然です。

これで、渋滞緩和に一役担ってくれるといいですね。

pexels-photo-68427

スポンサーリンク

蓮節バス福岡市の取り組み<一部抜粋>

【福岡市防災マップ】アプリで登場!災害時にオフラインでも使える

福岡市とアウトドアアプリで有名な株式会社セフリが連携し、「YAMAP(ヤマップ)」というアプリ内にて福岡市の防災マップの配信をスタートさせました。

【福岡・天神】天神ビッグバンって知っている?

国家戦略特区をはじめとする誘導策などにより、天神地区は付加価値の高いビルへの建替えなどがスピード感をもって進み、ビジネスやショッピング、憩いをはじめ、人・モノ・コトが交流する新たな空間が生まれます。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡、バス高速輸送システム導入で連節バス登場。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする