福岡検定とは?気になる合格率・難易度や試験日を確認

福岡検定とは?

福岡市は九州地区で最大の都市です。大都市としての魅力だけでなく、玄界灘を代表とする豊かな自然に囲まれた、都市と自然が融合したコンパクトシティという魅力もあります。長い歴史の中で培われた伝統文化も成熟している素晴らしい都市です。

」とは、魅力あふれる福岡をより広く、より深く知ってもらうことを目的として毎年開催されている検定試験です。毎回1,000名ほどの受験者が福岡通の名をかけて択一式の問題に挑戦しています。

%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e6%a4%9c%e5%ae%9a

福岡検定公式ホームページ

スポンサーリンク

福岡検定はいつあるの?

今回開催される「福岡検定」は第4回目となります。開催日時は以下のようになります。

  • 試験日:平成29年1月29日(日)
  • 試験時間:初級 10:00から説明開始(60分間)
    中級・上級 13:00から説明開始(90分間)
  • 試験会場:福岡商工会議所
  • 申込期間:平成28年11月1日(火)~平成28年12月9日(金)
  • 受験資格:誰でも受験できます
  • 試験区分:初級、中級、上級(ただし、上級は過去の中級合格者のみ受験可)

中学高校生の受験時期と同じ時期に試験があります。高校入試やセンター試験、共通一次のドキドキをまた味わうことができますよ!

福岡検定の難易度や合格点・合格率はどれくらい?

気になるのが福岡検定の難易度や合格点、合格率ではないでしょうか。まず難易度ですが、福岡検定の公式サイトで過去問やプレテストが実施されています。筆者も過去問を解いてみましたが、初級からなかなかの難易度になっています。聞いたことあるがなんだったっけ?と思わずうなってしまうような問題がたくさん出題されています。上級の問題に至っては、市の統計資料等に目を通していないと正答を導くことができない内容になっています。

合格点と合格率は、初級がマーク式全100問中70問正解で合格となります。合格率は、前回行われた第3回試験で50.6%。2人中1人が受かる計算になります。公式ブック「福岡博覧」や福岡検定公式ホームページの内容を中心に基礎的な知識を問われますので、内容にザッと目を通せば合格できる難易度ではないでしょうか。

中級も、初級と同じくマーク式全100問中70問正解で合格となります。合格率は第3回試験で17.2%と初級編からグッと難易度が上昇しています。合格率が2割を切っている現状を考えると、公式ブック「福岡博覧」や福岡検定公式ホームページの内容をしっかりと読み込まなくてはなりませんね。

上級は、過去に中級を合格した方が受験できる仕組みになっています。マークシート方式と語句記述問題の両方が課され1問1点の合計100問出題80点以上で合格になります。合格率は第3回試験で2.0%と司法試験レベルの合格率になります。この域に達すると、常日頃から福岡市について情報を収集し、問題演習を行わなければ合格は難しいでしょう。

福岡検定の受験料は?

受験料ですが、一般受験と団体受験で受験料が異なります。10名以上で受験される場合は団体受験がお得です。

■初級
一般受験料 2,500円(中学生以下は1,500円)
団体受験料 2,000円

■中級
一般受験料 3,500円
団体受験料 2,800円

■上級
一般受験料 5,500円
団体受験料 4,400円

福岡検定の申し込み方法は?

次回の第4回福岡決定の申込は、平成28年11月1日からとなっています。申し込み方法はインターネットか郵便局で申し込みできるようです。

(1) インターネット(クレジット決済・コンビニ決済・銀行振込・郵便局振込)
(2) 郵便局(払込票)にて申し込み

申込書配布場所は、福岡市役所1階情報プラザ、各区役所、福岡商工会議所
福岡市観光案内所(天神・博多駅)、市内書店の一部となっています。

福岡の魅力を再発見できるかもしれません。お時間ある方は一度受験されることをお勧めします。

あわせて読みたい記事

嵐三神社って糸島に集中!『櫻井神社』に行ってみた!

標高ランキング!福岡県で一番高い山・低い山知ってる?

【小林製薬】石垣島のユーグレナ

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡検定とは?気になる合格率・難易度や試験日を確認
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする