2018年開業「MARK IS」ホークスタウンモール跡地

三菱地所が、福岡市中央区のヤフオクドームやヒルトンホテルに隣接する、ホークスタウンモール跡地に大規模商業施設を開発すると発表しました。開業は2018年度下半期が予定されています。

MARK IS(マークイズ)と分譲マンション

出典:三菱地所

出典:三菱地所

現在、再開発が進められているホークスタウンモール跡地に、天神以西で最大規模となる商業施設と三菱地所レジデンスによるタワーマンション2棟で構成する複合商業施設が建設されることが決定しました。ホークスタウンモール跡地は福岡ヤフオク!ドーム、ヒルトン福岡シーホークに隣接する約5.4万m2の広大な敷地です。完成すれば、福岡市中心地区の人の流れにも大きな影響が出てくることは間違いないでしょう。

商業施設は、同社の旗艦商業施設ブランドである「MARK IS(マークイズ)」が予定されていて、分譲マンションの完成に先立ち、2018年度下半期に開業を計画しています。MARK ISは「ヒト・モノ・コトが集まる新しいランドマーク」がコンセプトになっており、福岡市の新たな拠点づくりの中心地になることを目指して開業に向かっています。

現在は、神奈川県横浜市の「MARK IS みなとみらい」、静岡県静岡市の「MARK IS 静岡」の2つの大型旗艦店が出店しており、成功をおさめています。福岡には約150~200店舗の出店が計画されており、さまざまなコンテンツを楽しめる施設になりそうです。

出典:三菱地所

出典:三菱地所

スポンサーリンク

「ユナイテッド・シネマ福岡」「Zepp福岡」は再出店で合意

惜しまれつつも閉館に追い込まれた、映画館「ユナイテッド・シネマ福岡」とライブハウス「Zepp福岡」とは、再出店について合意しています。福岡市西地区の映画館がなくなり、福岡市全体として、映画館が不足している状況を打開できそうです。

また、福岡市最大規模のライブハウスも復活することが決定し、こけら落としにどのアーティストが登場するのか、今から注目が集まっています。

HKT48劇場はどうなるのか?

ホークスタウンモールの閉館によって、福岡市天神の商業施設ソラリアステージ6階に新劇場を構えた「HKT48劇場」は、今後MARK ISに再出店するかどうかは未定のようです。

AKB48が下火の中、HKT48は力投を続けています。天神に活動の拠点を移動してからは、なかなか劇場の活動の様子が伝わりにくくなっていますが、今後の方針は未定のようです。

気になる交通渋滞

MARK IS(マークイズ)と分譲マンションの建設決定は非常に喜ばしい限りですが、この百道地区で気になるのが「交通渋滞」。ただでさえ、ヤフオクドームがあり、イベントや福岡ソフトバンクホークスの試合時には渋滞が発生しています。

ここに追い打ちをかけるように、大型商業施設と2棟の分譲マンションが開業すれば、交通渋滞に拍車がかかることは避けて通れません。エリアの交通環境改善に向け、自動車動線と分離して安全な歩行者動線を確保するとともに、バス乗り場等の整備による公共交通機関の利便性向上と商業施設駐車場における料金設定の工夫や周辺道路の交差点改良による渋滞緩和など万全の対策を講じる。とのことですが、どこまで対策を講じれるかが焦点になりそうです。

三菱地所 計画概要(予定)

全体街区概要

  • 所在地:福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1
  • 敷地面積:約54,400m2
  • 施設:商業施設、共同住宅

商業施設棟

  • 敷地面積:約42,300m2
  • 構造・規模:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
    地上4階塔屋1階(本体棟)、地上8階(アネックス棟)
  • 延床面積:約125,000m2
  • 賃貸面積:約48,000m2
  • 店舗数:約150~200店舗
  • 駐車台数:約1,300台
  • 用途:物販店舗、飲食店舗、サービス店舗等
  • スケジュール:2017年度上期着工、2018年度下期開業
  • 設計監理:三菱地所設計
  • 施工者:未定

あわせて読みたい記事

関連ホークスタウンの今後は?福岡市西地区最大の商業施設2018年度オープン