【高校ラグビー】東福岡、新最多得点記録の圧勝発進!今後の展望は?

第96回全国高校ラグビー大会・2回戦で東福岡139―0浜松工に歴代最多得点記録で圧勝発信しました。

東福岡の3冠なるか

春の全国高校選抜大会、夏の全国高校7人制に続く「高校3冠」を狙うAシードの東福岡です。今大会も優勝候補筆頭に挙げられています。試合は、前半2分にラックから右に展開して主将のLO箸本選手が先制トライを挙げると、前半だけで10トライの猛攻で70―0と大量リード。後半にもさらに10トライを追加し、計20トライの圧勝劇で初戦を飾りました。

スポンサーリンク

今後の展望と優勝予想

優勝候補

今大会の優勝候補筆頭はなんといっても福岡県代表の東福岡高校です。先の記述のように、ここまで春の全国選抜高校ラグビー大会、夏の全国7人制ラグビー大会をともに優勝し、2冠達成しています。

対抗

京都成章高校。前評判では伏見工業・京都工学院が有利と思われていたものの、京都成章が20-17で勝利して花園出場を決めています。

ダークホース

御所実業高校。あの昨年度花園ベスト8の天理高校を18-7で倒して全国大会出場です。

東の横綱

桐蔭学園。桐蔭学園は選抜準優勝校でもあり、花園でも優勝候補となりそうです。

その他の優勝候補

激戦の大阪からは、昨年度の覇者東海大仰星、常翔学園、大阪桐蔭の3校が今年も花園出場となっています。大阪勢が大きな壁と立ちはだかるか注目です。

全国高等学校ラグビーフットボール大会

全国高等学校ラグビーフットボール大会は、毎年12月末から翌1月の始めにかけて大阪府東大阪市の東大阪市花園ラグビー場で開催される日本の高校生のラグビーにおける選手権大会です。通称「花園」(はなぞの)「冬の花園」、「ラグビー甲子園」とも。なお全国大学ラグビーや全国高校サッカーなどとは異なり大会名に「選手権」がつきません。

あわせて読まれています

2016年末2017年始の高校生スポーツ全国大会 福岡県勢の活躍に注目!
年末年始は、高校生のスポーツの全国大会が連日行われます。毎年感動の一瞬が映し出され、みんなに勇気と希望を与ええてくれます...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【高校ラグビー】東福岡、新最多得点記録の圧勝発進!今後の展望は?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ