肥前さが幕末維新博覧会メインパビリオン「幕末維新記念館」

シェアする

スポンサーリンク

2018年(平成30年)は、明治維新から150年の記念の年でもあります。2018年3月17日~2019年1月14日まで、佐賀県では「肥前さが幕末維新博覧会」が開催されており、幕末維新期の佐賀を映像や音声で体感するとことができます。今日はメインパビリオン「幕末維新記念館」をご紹介します。

肥前さが幕末維新博覧会とは?

肥前さが幕末維新博覧会「幕末維新記念館」

幕末維新記念館「幕末維新」体感シアター

幕末維新期、激動の時代の中で、教育と海外の科学技術の導入に力を入れていた佐賀は、国内最先端の科学技術を有する藩に成長していました。鎖国から開国へと向かう大きな流れの中で、その類まれなる技術力「技」、教育改革が生み出した多くの偉人「人」、そして、これらの根底に流れる「志」が明治維新の原動力ともなっています。

「肥前さが幕末維新博覧会」では、こうした幕末維新期の佐賀を映像で体感するとともに、佐賀の歴史、食、文化、アートを存分に楽しめる博覧会となっています。

佐賀県内、特に佐賀市を中心に、県内の随所でさまざまな催しがなされています。

  • 幕末維新記念館
    肥前さが幕末維新博覧会のメインパビリオンです。幕末維新期の佐賀の偉業や偉人などを最新の映像技術等によりダイナミックに紹介しています。
  • リアル弘道館
    佐賀藩校「弘道館」、大隈重信や江藤新平など、近代日本の礎を築いた偉人たちを輩出しています。グラフィックパネルや音声を通じてその学びを体感できます。
  • 葉隠みらい館
    武士の心得を表した佐賀発祥の「葉隠」を、障子風のスクリーンやデジタル技術でヴァーチャル体験できます。現代のビジネスや日常生活に役立つ「心構え」を紹介しています。
  • 唐津サテライト館
    幕末維新期を中心に活躍した唐津の偉人たちを輩出した「耐恒寮」や近代日本を代表する建築、当時日本最大だった石炭産業などが紹介されています。
  • 鳥栖サテライト館
    鳥栖市の一部が対馬藩田代領だった頃の歴史や、田代売薬、櫨蝋(はぜろう)や鉄道など鳥栖を支えてきた産業の発展とひろがりが映像や展示で紹介されています。
  • ユージアム サガ
    明治期に建てられた洋館で、明治期のデザインの器や、人間国宝、三右衛門の器で佐賀県食材の特別メニューが楽しめます。
  • オランダハウス
    明治維新期の佐賀が、西洋の技術を導入し、時代をリードするきっかけとなったオランダ。さらに同国との交流を深めるため、オランダと佐賀のクリエイターによる、デザインや水辺、食などをテーマにした「オランダハウス」を設置し、展示会や水辺でのイベントなどが開催されています。
  • 佐賀城本丸歴史館
    佐賀城本丸御殿の一部を復元した建物は圧巻です。日本の近代化を先導した幕末維新期の佐賀の歴史を紹介しています。「肥前さが幕末維新博覧会」会期中は、幕末維新期の佐賀藩の「技」、「人」、「志」をテーマとした3つの特別展を開催します。
  • 県立博物館・美術館
    佐賀のアートや技術、歴史にフォーカスした特別展を開催します。近代洋画の巨匠、岡田三郎助のアトリエも東京・恵比寿から移築、一般公開します。
  • ながさき幕末維新館
    「肥前さが幕末維新博覧会」会場に、長崎県が設置する展示館です。幕末維新期の日本について、長崎・佐賀を舞台に志士たちが新しい知識を学び、日本の近代化を成し遂げていった活躍を紹介します。
  • 県立図書館
    鍋島家により建設された佐賀図書館を前身とする、100年以上の歴史がある図書館です。蔵書は約80万点。本や雑誌だけではなく、地域に受け継がれてきた古文書などの貴重な歴史資料も保存しています。
  • 徴古館
    鍋島家伝来品を展示する徴古館では、佐賀藩を治める大名から皇室を支える華族(侯爵)となった、幕末から明治にかけての鍋島家の歴史を紹介する特別企画展が開かれます。
  • 大隈重信記念館
    大隈重信記念館は、大隈侯の功績に関する映像や貴重な資料を展示しています。館内では常設展示のほか、明治維新150年の節目として、明治維新をテーマとした企画展やワークショップを開催する予定です。
  • 三重津海軍所跡・佐野常民記念館
    佐賀藩の技術が集結した地、三重津海軍所跡。幕末期、佐賀藩の洋式海軍の拠点として、海軍教育や修船・造船などが行われ、日本初の実用蒸気船「凌風丸」が建造されたのもこの地です。現在は「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の1つとして世界遺産に登録されています。
  • 佐賀バルーンミュージアム
    佐賀バルーンミュージアムでは、天気にかかわらずバルーンを楽しみながら体感することができます。
  • アート県庁
    佐賀県庁の最上階、展望ホール(SAGA360)では、毎日、夜景プロジェクションマッピング「星空のすいぞくかん」を上映しています。その他にも、通路を進む人に反応して魚のトンネルが現れる「アクアリウムトンネル」や窓ガラスに触れると宝石のような魚が現れる「スターライトフィッシュ」など盛りだくさん。

メインパビリオン「幕末維新記念館」

幕末維新記念館

幕末維新記念館「技」からくり劇場

肥前さが幕末維新博覧会のメインパビリオンが、佐賀県庁のお隣、市村記念体育館(佐賀市城内2-1-35)で開催されている「幕末維新記念館」です。

幕末維新期の佐賀の偉業や偉人などを最新の映像技術等によりダイナミックに紹介しており、平日は修学旅行客の学生などで賑わい、休日になると多くの観光客が集まっています。

なんといってもこのパビリオンの目玉は、最新の映像技術等による演出です。幕末明治期の佐賀の躍動をドラマティックに紹介しまています。

パビリオン内部に入るには入場料800円が必要ですが、フリーパス券を購入すれば、会期中は、「幕末維新記念館」、「リアル弘道館」、「葉隠みらい館」の各館に何度でも入場できます。

スポンサーリンク

幕末維新期の佐賀をわかりやすく勉強できる

幕末維新記念館「志」ことのは結び

幕末維新記念館「志」ことのは結び

パビリオンの構成は4部構成となっており、スタッフの案内に従い幕末維新期の佐賀を振り返っていきます。約30分ほどでパビリオン内部を見て回ることになります。

  1. 「幕末維新」体感シアター
    当時の時代背景や、佐賀の躍動をドラマティックに紹介ています。床から壁一面に広がる大型ラウンドスクリーンで、臨場感あふれる演出になっています。小学生には少し言葉が難しいかもしれませんが、中学生や高校生、大人にはちょうどよい速さでコンパクトにわかりやすく時代背景まで学ぶことができます。
  2. 「技」からくり劇場
    佐賀藩の「技」に特化したシアターで、第10代佐賀藩主・鍋島直正の思いや先進的な技を生み出した技術者たちの葛藤のドラマが表現されています。生身のパフォーマーによる動きと、スクリーンに映し出される映像や音が一体となったクロスメディアショーは圧巻です。
  3. 「人」賢人ラウンドシアター
    佐賀幕末維新期の「人」に特化した演出となっています。明治新政府で活躍した賢人たちが一堂に会したら、という設定で、夢の空間をモニター連動型のラウンドシアターで実現しています。賢人たちの語らいの場に立ち会っているかのような体験ができます。
  4. 「志」ことのは結び
    多くの有名人の「ことのは」を見ることができます。また、各シーンで先人たちの「志」に触発された来場者の思いにも触れることができ、自らの「志」を深く考える場となっています。

メインパビリオン「幕末維新記念館」の近くには、「リアル弘道館」、「葉隠みらい館」、その他にも、佐賀藩10代藩主鍋島直正と11代藩主鍋島直大を祀る「佐賀神社」などもあります。あわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

幕末維新記念館 詳細情報

  • 場所:市村記念体育館(佐賀市城内2-1-35)
  • 営業時間:9:30~18:00(最終入場:17:00)
  • 休館日:無休
  • 入場料:単館800円、フリーパス1200円、高校生以下は無料
  • 駐車場:佐嘉神社外苑駐車場(幕末維新記念館入場の方は3時間まで無料)
  • 電話:0952-37-0181

あわせて読みたい記事

幕末維新期の佐賀の偉業や偉人を紹介する「肥前さが幕末維新博覧会」の開催にあわせて、NEXCO西日本が管理する佐賀県・長崎県の高速道路が定額料金で乗り放題となり、観光施設等の割引・サービスもセットとなった「佐賀・長崎ドライブパス」を期間限定で実施します。

「佐賀・長崎ドライブパス」ETC定額料金で高速道路乗り放題!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
肥前さが幕末維新博覧会メインパビリオン「幕末維新記念館」
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする