【福岡・天神】HOOD天神

人材交流コミュニティースペースHOOD天神

4月11日に、人材交流コミュニティースペース「HOOD天神(フッドテンジン)」がオープンします。西日本鉄道とプロジェクト「福岡移住計画」を展開するスマートデザインアソシエーション(西区今宿駅前1)が運営する施設です。また新しいランドマークが福岡にできますね。

ここ人材交流コミュニティースペース「HOOD天神(フッドテンジン)」は、月額会員制のコワーキングスペースを設け、ミュニティーマネジャーが常駐しマッチングなどをサポートするほか、定期的な交流イベントなどを開く。都心や地方の人が、福岡に気軽に拠点を持てそうなど、いろいろな使用法がありそうです。また、定期的な交流イベントとして、まちづくりやこれからのスキルを身に着けるスクールやイベント、移住サポートなどの企画もあるようです。
people-office-group-team

スポンサーリンク

コワーキングスペースのメリット

・低コストで利用が可能
・その土地がはじめてでも安心
・利用プランがある
・会議室やイベントなど使用用途が豊富
・電源、Wi-Fiなどのインフラが整っている

HOOD天神の概要

・天神明治通りビル(福岡市中央区天神1)地下1階
・利用料は、固定席=月額3万円、フリー席=月額1万2,000円。

追記①:2016/4/9 いよいよオープン迫るHOOD天神

『風の人×土の人で、「はじめられるマチ天神」をつくろう。』をコンセプトに西鉄天神委員会と、福岡移住計画、greenz.jpのコラボレーションが発端としてオープンするHOOD天神。これからどんな化学反応が、ここHOOD天神から起こるか楽しみでありません。

天神の小さな余白で、福岡の風の人(移住者や観光する人)と、土の人(地元の人々)とで、つながり、はたらき、学び合い、まちにアクションを起こす。そんな場をスタートします。(HOOD天神 HPより)

追記②:2016/5/11 HOOD天神イベント案内

『ぼくらにできることvol.1 -福岡でつながる熊本・大分地震支援-』

第一回となる今回は、発災以降、福岡から支援活動を進めている九州大学の田北さんと、リ・パブリック田村さん、そしてオンラインからつむぎやの友廣さんを迎えて、お話を伺うと共に、自分たちに、今、何ができるかを思考し、被災地の未来を共に編むための第一歩を議論するトークイベントを開催とのこと。

これから、熊本・大分への支援やアクションを考えられている方、何の支援からはじめて良いかわからないけど、何かアクションを起こしたい方、今回の地震で現地で活動されている、もしくは東日本大震災での活動経験や知見の深い3名のゲストのお話を聞いてみたい方はぜひ参加してみてください。

以下、HOOD天神イベントより

■開催日時:
5月11日(水)19:00~21:30

■プログラム:
19:00 開会
19:10 九州大学 田北さんのお話を聞く
19:30 リ・パブリック 田村さん、つむぎや 友廣さんのお話を聞く
20:00 ぼくらにできること。参加者を交えた座談会とアクションデザイン
20:45 つながる会
21:30 閉会・解散

■参加費:
無料(ドネーションイベントあり。田北さん、田村さんのアドバイスにより指定団体に全額寄付)

■登壇ゲスト:
九州大学 田北雅裕氏/リ・パブリック 田村大氏

■オンラインゲスト:
一般社団法人つむぎや 代表 友廣井裕一氏

■ドネーションイベント:
のはら農研塾のスイカを使ったドライスイカを作られた、中村美和さん(110west.inc)のご紹介&ドネーション

■主宰:
福岡移住計画×西日本鉄道

■司会:
福岡移住計画 須賀大介/西日本鉄道 宮崎泰

※参加にあたって※
こちらのイベントに参加される際は、事前に[HOOD天神 無料会員登録]を行っていただく必要がございます。お手数ではございますが、会員登録をお済ませの上お越しください。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【福岡・天神】HOOD天神
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする