アイスクリームとアイスミルクとラクトアイスの違い知ってます?

アイスクリームの種類が気になって調べてみた

アイスクリーム。季節によってさまざまな種類が登場しています。最近では抹茶の季節になりましたので、各社こぞって抹茶アイスを製造しているようです。そんな季節を問わずに楽しめるアイスクリームですが、前から気になっていた種類の違いについて今回は調べてみることにしました。

アイスクリームを食べながら、ふと成分表示欄を確認してみると、『アイスクリーム』だったり『アイスミルク』だったり、はたまた『ラクトアイス』と表示してあることがあります。何が違うのか厳密にわかりませんが、『アイスクリーム』の方が濃厚なのかな?という違いしか気にしていませんでした。

しかし、この違いは健康に大きく影響を与えるかもしれないことが判明したので、今回みなさんにもお伝えしようと思います。人によって意見は違うものの、一般的に知られている問題まで解説します。

スポンサーリンク

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓子

アイス製品の種類は、その成分の含有量の違いで、『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』『氷菓子』の4つの種類に分類されているようです。違いは乳固形分と乳脂肪分の量の違いです。食品衛生法にもとづく「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められています。

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上

乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれているものです。乳固形分とは牛乳かどうか関係なしに脂肪分がどれくらい入っているかを表しているもので、植物性の脂肪分なども含まれます。乳脂肪分とは牛乳の中に入っていた脂肪分です。乳脂肪分の割合が高いので、ミルクの風味が豊かに感じられるアイスです。ハーゲンダッツなどの高価なアイスなどがこれにあたります。

アイスミルク

乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上

乳固形分と乳脂肪分がアイスクリームの次に多いものです。どのくらいの量かというと、ちょうど牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいるものです。アイスクリームと比べ濃厚さに欠けるので、植物油脂が補填されています。ハーゲンダッツの中にも種類によってはアイスミルクもあります。価格もアイスクリームより安価になります。

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上

アイスミルクよりも乳固形分がさらに少ないものです。植物油脂や添加物が大量に使われています。もちろん濃厚さが足りないので、人工的に色々なものが添加されています。一番安価で、市場に最も流通しているものです。

氷菓

上記以外のもの

乳固形分はほとんど入っていません。ミルク系のアイスではなく、果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがこれにあたります。

このように調べてみると、その違いがはっきりします。次はラクトアイスの危険性です。

気になる食品添加物とトランス脂肪酸

アイスは子どもがよく食べるお菓子です。添加物としてどのようなものが入っているのか、またトランス脂肪酸とはどういったものかしっかり把握して、商品を選んでいきたいですね。

ミルク系のアイス商品の中で、最も流通していて、乳成分が少ないラクトアイスを例にとって説明します。実はラクトアイスの中にはほとんど牛乳が入っていません。牛乳がなくてもアイスは作れるのです。代わりに大量に入っているのが、植物性の油脂と添加物です。

植物性の油脂なら、動物性の油脂よりか体にいいのでは?と思ってしまいますが、もちろん牛乳からとれるものではありませんので、そのままではミルクの風味は出ません。さまざまな添加物を加えてアイス風につくりあげているのです。

そしてこの植物性の油脂に入っている一番気になる成分が『トランス脂肪酸』です。以下厚生労働省からの抜粋です。

トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されています。具体的には、トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されています。日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクを高めることが示されています。

国の結論としては、欧米では危険性が指摘されているが、日本人もそのまま当てはまるのかわからないので、しばらくはようすを見ます。ということになっています。WHOもその危険性を明示しており、日本でもトランス脂肪酸の認知度がじわじわと増してきているように思えます。

安くておいしいラクトアイスですが、健康や子どものことを考えると、控えていきたいアイスになりますね。

あわせて読みたい記事

1日1食に挑戦して、健康生活、長寿を手に入れよう。

その食事、大丈夫?トランス脂肪酸に侵されるカラダと健康。

体調・食習慣にお悩みなら【ハイ・ユーグレナ(ミドリムシサプリ)】

ロコモティブシンドロームとは?その予防対策まで。

便秘が死亡リスクを高める!追跡調査で判明!

長く健康でいるために知っておきたい”脳腸相関”

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
アイスクリームとアイスミルクとラクトアイスの違い知ってます?
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする