太宰府天満宮参道に一蘭オープン!合格ラーメンで受験合格!

2016年12月22日(木)、豚骨ラーメン専門店の「一蘭」が、太宰府に2店舗目となる『太宰府参道店』をオープンさせます。太宰府天満宮は学問の神様として有名で、一年を通して受験の合格祈願に参拝する受験生が全国から集まります。そこで、太宰府参道店では『合格ラーメン』が提供されるようです。

太宰府参道店の合格ラーメン

出典:一蘭HP

太宰府参道店で提供される「合格ラーメン」には、合格にちなんだ3つの特徴があります。それは、「合格どんぶり」「合格麺」「合格セット」です。

ラーメンが入ったどんぶりの形が五角形になっていて、「合格」と「五角」をかけた縁起のいい形になっています。形だけでなく絵柄にも縁起がいい太宰府天満宮の象徴でもある「梅」、縁には「合格絵馬」、どんぶりの底には「決定」の文字がデザインされています。

五角形のどんぶりの角からスープを飲めば、スープが口の中に「すんなり入る」ことも縁起がいいことの一つのようです。

麺は、通常の長さよりも約2倍の長さになっていて、その長さは合格にちなんで59cmになっていてまさに「合格麺」ということでしょうか。ラーメンを食べた人に、長く幸せが訪れるようにとの願いが込められています。

合格ラーメンは、合格にちなんだセットで食べるとより縁起がいいようです。合格ラーメンに、替玉・半熟塩ゆでたまご・脂解美茶がついたセットで注文すると1,410円になり、食券機から出てくるおつりが590円「合格」になるように価格設定されています。

スポンサーリンク

従業員の接客に注目

合格ラーメンも気になるところですが、もっと気になるのが従業員の接客です。「幸せ」や「合格」ちなんだあいさつで接客してくれるというから、どんな感じなのか早く来店してみたいです。

従業員の名札も、合格絵馬風のデザインになっており、絵馬には従業員各自の縁起のいいエピソードが書かれているとか。

まとめ

話題性抜群の一蘭太宰府参道店。2016年12月22日(木)の午前10時にオープンしますが、場所は西鉄太宰府駅に隣接する場所になります。合格ラーメン早く食べたいですが、やはり気になるのが、従業員の接客。

「いらっしゃいませ!」「ありがとうございます!」替玉時のあいさつなど、どのように変わるのか。合格にちなんだ声掛けなどが非常に気になるのは私だけではないでしょう。

合格ラーメンで、一人でも多くの受験生に、合格の二文字をつかみ取ってほしいものですね。

あわせて読みたい記事

太宰府参道店以外にも、福岡空港出発ロビー内やニューヨーク等にも続々と出店が続いています。

福岡空港に豚骨ラーメン『一蘭』オープン!ニューヨークにも新店舗
大手敦煌ラーメンチェーン店の『一蘭』が、福岡空港内に新店舗をオープンさせます。 『一蘭』福岡空港店12月8日(木)オー...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
太宰府天満宮参道に一蘭オープン!合格ラーメンで受験合格!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ