【南海トラフの確率】巨大地震は、満月・新月の日の前後かつ大潮の前後で起こる!

巨大地震までのカウントダウン

北朝鮮のミサイルが日本に着弾、中国の尖閣諸島の占領、ロシアによる北方領土占領、巨大地震の襲来、新種のコンピューターウイルス侵入など、日本の根幹を揺るがす事件や天災の確率は、日に日に高まっている気がしています。連日、東大地震研究チームの研究結果が発表になっていますが、今回は、マグニチュード(M)8・2より大きい巨大地震12件の場合、10件は大潮や前後の干満差が大きい日に起きていたという分析を発表しています。

巨大地震は、・新月の日に起こるということも、ささやかかれていますが、実際のところ、巨大地震は、・新月の日の前後ということなると相関があるように思えてなりません。

bora-bora-french-polynesia-sunset-ocean

スポンサーリンク

巨大地震と満月・新月の日の相関

  • チリ地震 1960年5月22日 M 9.2 – 9.5 (満月は5月11日 / 新月は5月25日)
  • スマトラ島沖地震 2004年12月26日 M 9.1 – 9.3 (満月は12月27日 / 新月は12月12日)
  • アラスカ地震 1964年3月28日 M 9.1 – 9.2 (満月は3月28日 / 新月は3月14日)
  • アリューシャン地震 1957年3月9日 M 8.6 – 9.1 (満月は3月16日 / 新月は3月2日)
  • 東北地方太平洋沖地震 2011年3月11日 M 9.0 (満月は3月19日 / 新月は3月2日)
  • カムチャツカ地震 1952年11月4日 M 8.8 – 9.0 (満月は11月2日 / 新月は11月17日)
  • チリ・マウレ地震 2010年2月27日 M 8.8 (満月は2月28日 / 新月は2月14日)
  • エクアドル・コロンビア地震 1906年1月31日 M 8.8 (満月は2月9日 / 新月は2月25日)
  • アリューシャン地震 1965年2月4日 M 8.7 (満月は2月16日 / 新月は2月2日)
  • スマトラ島沖地震 2005年3月28日 M 8.6 (満月は3月26日 / 新月は2月10日)

多くの地震で相関していることがわかりますね。ということは、満月・新月の日の前後で、大潮の前後は、ちょっと意識して生活しておいたほうがいいですね。

地震についての記事

【福岡・地震】南海トラフ地震が福岡に及ぼす影響
【福岡・地震】福岡の活断層を考える
【福岡・地震】福岡の地震について考えるvol.2
【福岡・地震】福岡が地震に襲われる確率!震度6弱以上のゆれの可能性は?

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
【南海トラフの確率】巨大地震は、満月・新月の日の前後かつ大潮の前後で起こる!
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする