自転車の乗り方は大丈夫?高額な損害賠償を請求されることも

街で歩道を歩行中に自転車にぶつかられそうになったことはありませんか。昨今、自転車が関係する交通事故が多発しています。中には高額な損害賠償を請求されることもあります。「小学生だから、中高生だから許してくれるだろう」という甘えは通用しません。今日は自転車の交通マナーについて考えていきましょう。

自転車事故による高額な損害賠償

2008年に起こった自転車事故ですが、小学校5年生の少年が乗った自転車と歩行者の高齢女性との衝突事故で、神戸地裁は少年の母親に約9500万円という高額賠償を命じた事件がありました。

衝突された高齢の女性は、現在も寝たきりの状態で意識が戻らないという。小学生が起こした自転車事故でこれほど高額な損害賠償がその監督者である母親に請求されたことが衝撃的な事件となりました。

この事件を発端に、自転車の交通マナーに大きな注目が集まり、自転車の保険制度拡充を目指した動きが出ています。また、国も本格的に自転車の運転に関する法改正を行っています。

スポンサーリンク

自転車は軽車両

そんな事件が起こった後の現在でさえ、歩道を我が物顔で走行する自転車が後を絶えません。実は、自転車はれっきとした「軽車両」です。道路交通法の区分で考えると原動機付バイクと同じ区分に該当します。

もちろん、原則として歩道を走行することはできません。また、路側帯を走行する際も、左側だけしか通行できません。右側を走行すると逆走にあたり、道路交通法違反になります。

自分は自転車に乗らないから。と思っていても、自分の子どもや、高齢の両親などが自転車に乗る場合は注意が必要です。自分が事故を起こさなくても、扶養親族が起こした事故の場合、本人に支払能力がないと判断された場合は、その扶養者に損害賠償の請求が及ぶことがあります。

自転車に関する道路交通法の改正

自転車が関係する交通事故の多発や、無秩序な運転の実態を踏まえ、自転車に関する道路交通法が改正されています。ここで、その内容を確認しておきましょう。

悪質自転車運転者に対する講習

一定の危険な違反行為繰り返し、3年以内に2回取り締まりを受けてしまった場合は、5700円の実費で3時間の講習を受講しなければならなくなりました。講習を拒否した場合は、5万円以下の罰金が科せられます。

自転車による危険な違反行為とは

  • 信号無視
  • 通行禁止違反
  • 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
  • 通行区分違反
  • 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
  • 遮断踏切立入り
  • 交差点安全進行義務違反
  • 交差点優先者妨害等
  • 環状交差点安全進行義務違反等
  • 指定場所一次不停止等
  • 歩道通行時の通行方法違反
  • 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
  • 酒酔い運転
  • 安全運転義務違反

などがあげられます。以下に具体例でみていきましょう。こんな場合も摘発の対象になります。

  • スマホをいじりながらの運転
  • 傘さし運転
  • イヤホンをしての運転
  • 自転車での犬の散歩
  • むやみなベルの使用
  • 自転車での並走
  • 無灯火運転
  • 右側運転
  • 飲酒運転
  • 歩道の走行
  • 子どものヘルメット未着用

などなど、街でよく見かける様々な運転が摘発の対象になっています。知らなかったでは済まされない内容ですので、もう一度しっかりと確認しておきましょう。

あわせて読みたい記事

高校生のうちに3度は読んでおきたい本「君たちはどう生きるか」
今回は、本の紹介。今日紹介するのは、吉野源三郎さんの「君たちはどう生きるか」の本です。この本は、いい先生と言われる先生は...
教育を経済学で考察!保護者が絶対に読むべき本
教育を経済学で考察する名著です。お子様がいらっしゃる方は絶対に読んでおくべき本の一つではないでしょうか。「子どもを勉強さ...
ゲーム感覚で学習!小中学生向け学習サービスを試してみた
学研ゼミが提供する、小学生~中学生向けのオンライン学習サービスが人気のようです。ゲーム感覚で5教科を学習できる「ワンダー...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
NO IMAGE
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ