地震発生と津波発生のメカニズムをわかりやすくまとめてみた

近年多発する巨大地震や大地震と津波。今回は、地震と津波のメカニズムについてまとめてみました。

地震発生のメカニズム

地球の表面は、「プレート」と呼ばれる厚さ数10kmの岩盤で覆われています。プレートはひと続きになっているのではなく、10数枚が集まって地球を包んでおり、それぞれが違う方向に、年間数cmの速さで移動しています。このことから、プレートどうしの間に圧縮したり引っ張りあったりする力が働きます。このプレートの運動が生み出す巨大な力が、地震を引き起こします。

スポンサーリンク

地震の2つの型

地震は、その発生メカニズムによって大まかに海溝型(海洋型)地震と直下型(内陸型)地震の2つに分けられます。

海溝型(海洋型)

海溝型地震は、プレートの境界部で発生するもので、陸のプレートの先端が、下に潜り込もうとする海洋プレートにひきずり込まれ、やがてその歪みに限界がきて元に戻ろうと跳ね上がる際に発生するタイプの地震です。この種の地震は地球の活動によってプレートが動く限り、一定のサイクルで発生することとなります。1923年の関東大震災や現在心配されている東海地震・東南海地震がこれに該当します。

直下型(内陸型)

日本列島付近では、陸プレートと海洋プレートがぶつかり合うため、陸プレートの内部にも大きな力がかかることとなり、陸プレート内部の岩石が破壊されることによって地震が発生します。この地震は、われわれが住んでいる所に非常に近いところで起こることから「直下型地震」、「内陸型地震」と呼ばれます。直下型地震は、プレート内に蓄積された歪み(=活断層)がずれることによって発生するものですが、この活断層は日本各地に存在しています。1995年の阪神淡路大震災、2は、これに該当します。

津波発生のメカニズム

津波発生のメカニズムは、海底の下で大きな地震が発生し、プレートの運動によって海底が持ち上がり、それに伴って海面も変動し、大きな波となって広がっていくことにあります。地震と津波は密接な関係にあるため、地震の規模が大きければ大きいほど津波の規模も大きくなり、震源が陸地に近ければ近いほど津波が早く到達するようになります。

島国日本の津波は大きくなります

四方を海に囲まれている日本は、これまでに数多くの津波の被害に遭っています。津波は、沖ではほとんど感じられませんが、港や湾など「津」に入ると高い波になる。複雑な海岸線を持つ日本で被害が多いのもそのためです。

あわせて読みたい

【福岡・】南海トラフ地震が福岡に及ぼす影響

【福岡・地震】南海トラフ地震が福岡に及ぼす影響
南海トラフ地震 地球はプレートとよばれる硬い岩盤でおおわれています。このプレートはいくつかに分かれており、一年間におよそ数センチメートル移…

【南海トラフの確率】巨大地震は、満月・新月の日の前後かつ大潮の前後で起こる!

【南海トラフの確率】巨大地震は、満月・新月の日の前後かつ大潮の前後で起こる!
巨大地震までのカウントダウン 北朝鮮のミサイルが日本に着弾、中国の尖閣諸島の占領、ロシアによる北方領土占領、巨大地震の襲来、新種のコンピュ…

【福岡・地震】福岡の地震について考える

【福岡・地震】福岡の地震について考えるvol.1
地震に備えて今できること 2016年4月14日から続く「熊本地震」がまだ収まらないようです。 震源地も、断層南西部から北東部に移動してい…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
地震発生と津波発生のメカニズムをわかりやすくまとめてみた
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする