蚊に刺されない方法を探ってみた。

虫よけスプレーも、たしかに聞きますが…

蚊に刺されていませんか?刺された箇所によっては、かゆみが引かず、嫌になりますよね。足の裏に刺されたときなどは、その苛立ちは差伊作ですよね。それとか、出かける前に、顔に刺されたとかは、げんなりです。kihokoは、今日紹介することを意識して生活しているだけで、蚊に刺されることがすごく少なくあなりました。

スポンサーリンク

蚊に刺されない方法

1. 白い服を着る

蚊は暗い色を好みます。これは、動物の血を吸うことが多い蚊にとって、暗い色は動物の毛に見えるからという言われています。ということは、反対色である白など明るい色の服を着ると蚊は寄ってきにくいということになります。

2. フローラル系の香水を控える

外出するときやイヌを散策するときなど、さらにデートでも香水は避けたほうがいいです。蚊は甘い匂いが大好きなんです! 特にフローラル系のものはターゲットになりやすいと言えます。

3. 夜明けと夕方の外出は控える

夜明けと夕暮れ時は蚊の”お食事タイム”です。 夜明けと夕方の外出は、お腹をすかせた蚊の恰好のターゲットになります。1日の中でもっとも刺されやすい時間帯です。この時間帯に蚊の多そうなエリアを歩くと血を吸われる可能性大!

5. 水たまりを避ける

蚊の幼虫のボウフラは水の中で育つます。必然的に水たまり近くは蚊が多い危険エリアとなります。とくに、水たまりや池、下水溝、そして庭に放置されている植木鉢のような雨水がたまっているものなども避けたいところです。

大人の方は、これにも注意

屋外での飲酒は避ける

夏はキャンプ、バーベキュー、ピクニック、夏祭りと野外でお酒を飲むことも多いと思いますが、アルコールを飲むと体温が上がり、蚊が集まってきやすくなります。子どもや妊婦が蚊にさされやすいのは、体温が高いことが理由の一つなんですよ。体温を上げて、自ら蚊の餌食になるのは避けましょう。

さらに

蚊はユーカリ系の匂いを嫌う。屋外で長時間過ごすときにはユーカリを配合した虫除けオイルなどを活用するといいですよ。蚊に刺されない夏になるといいですよね。

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
蚊に刺されない方法を探ってみた。
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする