唐津くんち11月2日から始まる!見どころはお旅所神幸と宵山

毎年11月2日、3日、4日の3日間、佐賀県唐津市で「唐津くんち」が開催されます。唐津くんちは唐津神社の秋季例大祭で、1年間で唐津が一番盛り上がる日になります。今日は、唐津くんちの魅力をお伝えします。

出典:唐津くんち 曳山 造形美

出典:唐津くんち 曳山 造形美

唐津くんち

2016年に、山・鉾・屋台として、博多祇園山笠などと共に、ユネスコの無形文化遺産としても登録された「唐津くんち」。毎年50万人を超える観光客が集まる佐賀県でも最大級のお祭りです。

唐津くんちの概要
乾漆で製作された巨大な曳山(ひきやま)が、笛・太鼓・鐘(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、唐津市内の旧城下町を練り歩きます。祭り期間中の人出は延べ50万人を超えるとも言われます。(唐津市の統計による)。また、昭和33年(1958年)に曳山14台が佐賀県の重要有形民俗文化財に、さらに昭和55年(1980年)には「唐津くんちの曳山行事」が国の重要無形民俗文化財に指定されました。
スポンサーリンク

最大の見どころは11月3日の「曳き出し」

唐津くんち金獅子

唐津くんちの最大の見どころとして、県内外から大勢の見物客 が訪れます。11月3日の早朝、唐津神社と特別な関係のある神田地区の青年が、神前にて雄獅子、雌獅子の獅子舞を奉納します。獅子は木造の漆塗りで頭にかぶって演じます。 この舞は、口元をカブカブ動かすところからカブカブ獅子とも呼ばれています。 午前9時30分を回ると、神輿を中心として前後に曳山が従い、明神台(西の浜お旅所)までの巡行が始まります。ヤマは一番の刀町・赤獅子から十四番の江川町・七宝丸まで、制作年代順に並んで、旧城下町をまわります。お旅所への曳き込み、曳き出しが最大の見せ場です。

幻想的な「宵山」

唐津くんち「宵山」

前夜祭としての意味合いが強い「宵山」ですが、19:30からたくさんの提灯で飾られた1番曳山「赤獅子」が市中心部の大手口を出発し、各曳山が各町内で巡行に加わって行きます。暗闇の中に提灯の光で照らし出された曳山が幻想的です。

笛・鐘・太鼓で奏でる曳山囃子(やまばやし)に乗せ、法被姿の若者たちが「エンヤー、エンヤー」「ヨイサー、ヨイサー」の掛け声を夜の町に響かせて行きます。

唐津くんち日程

  • 11月2日
    宵山(夜7時半に、刀町の曳山が大手口から曳き出され東行する間に、 各町が曳き順通りに一番近い場所から参加し、最後に唐津神社前に勢ぞろい、幻想的な宵山は観客を魅了します。)
  • 11月3日
    曳き出し(お旅所への曳き込み、曳き出しが最大の見せ場です。)
  • 11月4日
    町廻り(各町ごとに揃いの鉢巻き、江戸腹、パッチ(股引)、腕ヌキに身を固め、いなせな曳子たちが、ヤマに乗り込んだ囃子方の奏でる緩急自在の典雅なリズムに合わ せて曳き回るさまは感動的です。「エンヤ、エンヤ」の掛声とともに、フィナーレへ)

唐津駅隣の「ふるさと会館アルピノ」で情報取集

唐津くんち中は市中心部では休業されるお店もあります。唐津駅隣の「ふるさと会館アルピノ」では特産市が開催され、情報収集から休憩・食事まで利用できます。

前後のイベント紹介

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
唐津くんち11月2日から始まる!見どころはお旅所神幸と宵山
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ