福岡での起業、そしてIPO機運は高まるか?ホープ上場で考える

【株式会社ホープ上場記念、九州・福岡のIPOの機運を高める会】~起業から株式公開まで~に参加しての感想の記事です。

株式会社ホープ上場記念

ipo
今年6月、福岡に本社を置く企業としては、実に9年ぶりの上場を果たしたホープ。その株式会社ホープの上場記念した、九州・福岡のIPOの機運を高める会がソラリア西鉄ホテル8階で開催されました。

当日は、時津孝康社長とVC(ベンチャーキャピタル)としてホープに出資し上場を加速させたグロービス代表の堀義人氏、そして国家戦略特区を獲得し福岡の創業支援を先頭に立ってご尽力いただいてる高島福岡市長がパネリストとして登壇、白熱した、またここだけでしか聞けないだろうと話などもあって、非常に有意義な会となりました。

とりわけ、今回の主役でもある時津社長の「スタートアップ()からIPO(株式公開)まで」の軌跡の話は、リアル感満載で、刺激的でした。

スポンサーリンク

九州・福岡のIPOの機運

会社の成長を飛躍的に加速させるには、IPOによる資金調達も1つの方法でしょう。一方で、俗にプライベートカンパニー(非上場企業)のまま、自分たちの身の丈にあった成長を続けていく会社像も1つです。

これから起業する人にとっては、どんな成長を描いていくのか。つまりは、どのような資本政策を描いていくのかは、「誰とするか。」「何をするか。」と同様、非常に大切なことだと思います。

今回上場を果たしたホープ

「財政難に苦しむ地方自治体向けに新たな自主財源確保を」を合言葉に、自治体の自主財源確保を支援する事業に特化した総合サービス企業。(証券コード:6195)
参考【6195】ホープ企業研究

あわせて読みたい

福岡市天神ビッグバンについて知っておきたいこと。
福岡市の取り組み「天神ビッグバン」ついて、知っておきたいことを詳しく記述しています。新しい情報は、随時更新しながら伝えていきたいと思います。…
平均年収は6年連続増の622万円!空前の好景気が続く!?
東京オリンピックまでかもしれないけれど… 新卒就職率、失業率、有効求人率、株価など軒並み上昇している近年の日本です。好景気が続いています。…
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
福岡での起業、そしてIPO機運は高まるか?ホープ上場で考える
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする