東峰村に建設中の「小石原川ダム」は九州最大のダム

度々水不足に襲われる福岡市。福岡市は地理的条件から水源が乏しく、過去に何度も大渇水に襲われています。そんな福岡市の大切な水源の一つとして、遠く離れた筑後川があります。この筑後川水系に九州最大のダム「小石原川ダム」が建設中です。

東峰村「小石原川ダム」

小石原川ダムは本体の高さが約139mと九州最大の高さになります。総貯水量は約40,000,000㎥で、ヤフオクドーム23杯分の水を貯水できるようです。現在工事が進められていますが、平成31年に完成予定となっています。

小石川原ダムの場所は、筑後川水系小石原川上流にあたります。建設の目的は、洪水調節、水道用水の確保、不特定用水の確保、渇水に備えた水資源の開発と、四つの目的があるようです。

福岡県は渇水や洪水に度々見舞われる県です。頻度的に2年に一度は何かしらの災害が発生し、尊い人命や貴重な財産が失われています。現在建設中の小石原川ダムが、これらの災害を未然に防いでくれる福岡の守り神として機能してくれることを期待します。

スポンサーリンク

小石原川ダム工事見学ツアー

平成31年までの工事期間中、毎月第2土曜に約2時間のバスツアーが開催されています。参加者の刃建設期間限定の「ダムカード」がプレゼントされるようです。

ダム建設という貴重な現場を実際に訪れて確認することができます。集合場所からマイクロバスで現場に向かうことになりますが、誰でも無料で参加できますので、是非この機会に参加してみてはいかがでしょうか。

  • 開催日:毎月第2土曜日
  • 時間:第1便 9:40集合(10:00出発)第2便  13:40集合(14:00 出発)
  • 集合場所:独立行政法人水資源機構 朝倉総合事業所
  • 定員:各便20名
  • 参加料:無料
  • 申込方法:電話で申し込み 0946-25-1100
  • HP:http://www.water.go.jp/chikugo/koishi/

あわせて読みたい記事

【福岡・五ヶ山ダム】いつ完成?福岡市の大事な水源。建設現場バスツアーも開催!
『五ヶ山(ごかやま)ダム』福岡市の新たな水源 福岡市内への水の安定供給を目的として、現在、福岡県那珂川町大字五ケ山にダ...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
東峰村に建設中の「小石原川ダム」は九州最大のダム
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ