ラージボール卓球がにわかに流行

自分でルールを作ってしまう。トレンドを作ってしまう。そんな経験もいいでしょう。そうでなくても、新しいものが生まれたら、まずはやってみる。誰でも、まだやっている人が少ないからこそ、誰よりもうまくなれる可能性が大きいです。

ラージボール卓球

今回紹介する、「ラージボール卓球」もそうです。卓球というと球は小さいし、だからスピードも早くなってしまいますので、ちょっと難しく感じる人も少なくないようです。うまくラケットに球が当たらないんですね。そこで生まれたのが、「ラージボール卓球」。比較的新しいスポーツです。やったことがある人は少ないでしょう。

スポンサーリンク

ラージボールとは?

日本卓球協会とニッタクのコラボレーションによって、1988年にスタート!初心者でも高齢者でもすぐに楽しめるようにという発想から始まりました。硬式(40ミリボール)よりもラリーがたくさん続きます。ボールの回転数も少ないため、初心者にも最適です。

ラージボールのルール

1ゲーム11点先取の3ゲームマッチ、先に2ゲームをとった方が勝ちとなります。サービスは2本交代です。得点が10対10になったときは、サービスが1本交代になり、先に2点先取した方が勝ちとなります。(例:12対10、13対11)12対12になった場合は先に1点先取して13点になった方が勝ちとなります。

ラージボールは、ダブルス種目に人気があります。その中でも混合ダブルス(男女でのダブルス)は、ラージボールの花形のようです。

あわせて読みたい

【福岡研究】福岡の高校スポーツは、全国トップクラスが多数!福岡のスポーツ別強豪校一覧
全国制覇を何度もしているスポーツも多し! 福岡県には、スポーツ強豪校と呼ばれる高校がひしめいています。しまも、全国大会...
スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
ラージボール卓球がにわかに流行
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ