自己推薦初導入「2017年度福岡県公立高校入試」県教委が発表

福岡県教育委員会は、2017年度の福岡県公立高校入試の入試要項を発表しました。昨年度から大きく変更した点は、推薦入試の募集人員が、前年度比135人増の5381人で、全公立全日制高校の入学定員に占める割合は0.6ポイント増の20.9%に上りました。また、2017年度入試から、中学校長の推薦を必要としない「」入試が、早良、太宰府、三潴、朝倉光陽の4校で初めて実施されます。

2017年度入試から自己推薦入試導入

今回新たに導入される「自己推薦」は、多様化する生徒の個性や能力を積極的に評価する目的で設けられた入試制度です。通常の公立高校の推薦入試には、中学校の校長の推薦が必要で、出席日数や学校生活、通知表などの一定の基準を満たしていないと出願できません。

しかし、自己推薦入試の場合、中学校長の推薦を受けられる基準に達していない生徒でも、高校側が定めた出願資格を満たす生徒は志願できるようになります。校長推薦との併願はできないのでどちらか一方を選んで出願することになります。

気になる自己推薦枠は、実施初年度となる2017年度で、早良、太宰府、三潴、朝倉光陽4校の全学科・コースで合計68名程度を自己推薦で募集するようです。試験内容は面接・作文・実技のうち2~3種類の試験が課されます。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

スポンサーリンク

2017年度公立高校入試日程

福岡県公立高校の推薦入試の願書受け付けは、2017年2月1日~6日正午まで。試験は2月8日~9日で実施され、2月14日に選考結果が通知されます。一般入試の願書受け付けは、2017年2月14日~21日正午まで。試験は3月8日に実施され、合格発表は3月15日です。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
Fukuu情報をいち早く!
自己推薦初導入「2017年度福岡県公立高校入試」県教委が発表
この記事をお届けした
Fukuuの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする